はるはあけぼの ヨガDiary

haru2918.exblog.jp
ブログトップ

祈るしかありません!!

ある夕方、デリーのインディラ・ガンジー空港に着いた。
出国手続きを終えて、インド通貨に両替しようと「外貨両替所」に並んだ。
万札を出すと、日本円はなんと5,000円までしか両替出来ないと言う。
空港はレートが悪く、それはインドルピーにすると約2,500ルピー。
ここで、US$も出すところだけど、インド暮らす友人がなんとか
助けてくれるようなので、やめて外に出た。

出掛ける3日前にルピー問題勃発。
500と1,000ルピーのお札が急に使用禁止になったと知った。
でも、現地に到着する前日には新札が発行されるとも知り、
旅行者だしとやや甘く考えていたのだった。
「成田空港で、もっとUS$を買っておけば良かった・・・。」

これは、インドに横行するブラック・マネーを撲滅するための政策で、
突然の発表、つまり大きな額のお札使用禁止を伏せていたのは、
テロの防止のためだそうだ。
国のトップの一言で、或る日突然、
お金は紙になってしまう、という事実を目の当たりにしたわけだ。
使用禁止になった高額紙幣は100ルピーにすぐ替えられるわけではなく、
一人一日2,000ルピーまでとか・・・、聞いた。

数日経ったら、状況は良くなると噂されていたけど、
両替屋が両替禁止になり、みな店を閉めた。
旅行者にお金を替えてくれないなんて、帰れってことなのか?
銀行では両替出来たようだけど、外まで長蛇の列の銀行に
長期滞在でもないのに、並ぶ時間はない。

ラーマクリシュナは、
女と金を放棄することが、真に幸せになるためには必要だとおしゃった。
そう、でも、ラーマクリシュナのお寺に沢山寄付したかったのに・・・。
だけど、そのお寺の中は、世間の問題は何もないかのように静か。
毎日粛々と、日課が行われて、平和そのものだ。
夕べのアラティの時間には、日本の大コンサートホールくらいの規模の
大聖堂に、入りきれないくらいの人が集まって、
早く行かないと座る場所がなくなってしまう。
そこで行われる、5大要素のお清め儀式と、全員で歌う賛歌に、
この場所が存在する限り、この世界は真理に支えられ、あり続けると感じた。






b0237103_17190196.jpg











[PR]
by haru-ha-akebono | 2016-11-30 17:23 | 祈りの言葉 | Comments(2)
Commented by who-ku at 2016-12-03 21:53 x
おかえりなさい。無事に旅できたのも、きっと特別の、ご加護があったのでしょう。
私はご近所の神社へお散歩に行ってましたよ。
Commented by haru-ha-akebono at 2016-12-04 18:58
そうですね、いつもお助けが現れて、無事に旅をすることが
出来ました。