はるはあけぼの ヨガDiary

haru2918.exblog.jp
ブログトップ

<   2011年 11月 ( 7 )   > この月の画像一覧

水曜日はクリシュナの日 シュリ・クリシュナ・ゴービンダ

キールタンとは、インド版の賛美歌。
神様の名前を繰り返して歌い、神への愛や繁栄を願うのです。
ハルモニュウムと言う名の、アコーディオンとオルガンを合体させたような鍵盤楽器や、
ドーラクと言う横長の太鼓を演奏しながら歌います。
歌い方は、リードする人一人が一節を歌い、同じ所をもう一度、他の参加者が歌います。
歌う人によって、微妙にメロディやリズムが違っていて良いので、同じ歌詞でも、違うメロディという
ことは度々あります。

リシケシのシヴァナンダ・アシュラムでは、毎日夕方、グルディブ・シヴァナンダ・ジの住まいだった
≪グルディブ・クティール≫で、キールタンを歌う会がおこなわれます。
時間は、約40分ほど。
アシュラムに滞在する人も、していない人も、インド人も外国人も、自由に参加出来ます。
この場を仕切るスワミ・ジの指名した人が、自分の歌いたいキールタンを歌い、
その場にいる人たちは、リードの人が一節歌うと、同じ歌詞を続いて歌います。
クティールに入る時に配られる「キールタン・ブック」を見て、少しくらい調子が合わなくても、歌う。

「心をこめて、神様への信愛をこめて歌うことが大切」と、グルディブは言いました。
キールタンを歌うことは≪バクティ・ヨーガ 神様への信愛のヨーガ≫とされ、
歌う者の心や魂は浄化されるのです。

今日、水曜はシュリ・クリシュナの日。
シヴァナンダ・アシュラムは曜日で歌う神様が決まっているのです。 
グルディブ・クティールの一番奥の小さな部屋の祭壇には、いつもシュリ・クリシュナの写真が飾られ
キールタンの会が終わると、全員でそこに御参りをします。


b0237103_17455.jpg

[PR]
by haru-ha-akebono | 2011-11-30 01:10 | キールタン | Comments(0)

ヨーガ的幸福 ~わたしは誰か? Sat,Cit,Ananda 2

「ヨーガ的幸福~わたしは誰か Sat,Cit,Ananda 」に、
「自分の本質を純粋意識であると知るためには、自分の体や心の変化を対象として眺める練習が必要です。」
と書きました。
人の生涯を通して変わらないもの(純粋意識)は、絶えず変化する肉体や心を眺めていながら、
全く影響を受けない。また、肉体や心に起きることを審判もしない。ただ、純粋に観照をしているのです。

昨年の春、リシケシに行ったときに、スワミ・ヴィシュワルーパナンダ・ジから受けたレクチャーのノートに、
こんなことが書いてあります。座ることを例にとって、
 「私は、座っていない。座った体を眺めている者=純粋意識が真実のわたし。これは変化しない。」
スワミジがアーサナのクラスでいつも言う、「You are not doing、あなたは何もしていない」
とは、このことなのです。
いつも眺める者が私=純粋意識であって、体や心など変化し続けるものは眺める対象なのです。

「アーサナやプラーナーヤーマを行う時、体や心を対象として眺める」
これが前回のブログの続きです。
昨年のレクチャーのレジュメから、考えが少し変化してるので、以下はそこから離れて書きます。

アーサナ(ヨーガのポーズ)をする時、皆何を考えているのでしょうか?
アーサナをして良く聞く言葉は、「私は体が硬い」とか、「先生はきれいでポーズが美しい」とか、
「自分にはあんな風に出来ない」とか、自分や他人の体に対する評価です。
自分たちは、なぜアーサナが出来るのか?という話はあまり交わされません。

わたしは以前、ひどい腰痛になったことがあって、アーサナがほとんど出来ないことがありました。
その時に、スワミ・ジに出逢ったので、(そんな体でよくリシケシまで来たね!と言われました。)
「アーサナは起こる。自分がやっているのではない。」という言葉に、説得力を感じました。
≪自分がやる≫、ならば体に故障があっても、どんなことでも出来るはず・・・。
でも、痛いところは動かない。記憶の中では出来ることが、現実には出来ない。

アーサナの実習には、まずアーサナの出来る状態の体が必要です。
それから、心が、「これからこういうアーサナをしよう」と思う。
すると、体を動かす意思が生まれ、体を動かすエネルギーが流れ、アーサナが生ずる、のです。
この流れを、対象として眺める練習をするのです。

私たちの日常生活は、いつも肉体の外に存在する、他人や物事に五感を向けて、それに心が反応して
おこなわれています。
ヨーガのアーサナをする時には、自分の内側で起きる体や心の変化に、目を向けてみましょう。
硬い、違和感がある、心地良い、など様々な肉体の感覚を見つけることが出来るはずです。
何度も続けるうちに、いつも外の世界に向けていた気持ちが静まってくるでしょうし、
肉体を動かすエネルギーや、もっと精妙な世界を感じ取ることが出来るようになるでしょう。
それらに、まず気付くこと、そして眺めること。

ある時の、スワミ・ジのアーサナクラスの始まりのレクチャー(わたしのノート)から。
 「ボディ・マインド・エナジィ・・・肉体・心・エネルギーで、ポーズが起こるだけ。
  純粋意識は(自分の本質)は何もしていない。」
 「アーサナやプラーナーヤーマをして気持ちが良くなるのは自然なこと。
  リラックスするのは体を動かした結果であって、それはヨーガではない。
  何もしないことを練習するのがヨーガだ。」

b0237103_18415336.jpg

リシケシ市街から車で1~2時間の山の中にある、シヴァの寺院
[PR]
by haru-ha-akebono | 2011-11-28 18:45 | わたしは誰か?Who am I? | Comments(0)

すべての世界が幸福でありますように

「ローカ サマスタ スキノ バヴァントゥ・・・すべての世界が幸福でありますように。」
このマントラを初めて聞いたのは、抱一先生のヨーガ塾シュリチャクラの平日のクラスに初めて行った時。
ヨーガ・アーサナを始める前に、皆で唱えたのです。
ヨーガのクラスの始めと終わりは、シャンティ・マントラしか唱えたことがなかったので、
意外だったし、新鮮な気持ちにもなりました。
反面、すべての世界の幸せを祈るなんて・・・やや抵抗がありました。
意識していないけれど、日常生活は「ネガティブな想念」が、あちこちに溢れている。
こんなにポジティブな言葉があるだろうか・・・!?
いきなりポジティブな世界に入って行けなかったのが、3年前のわたしです。
ネガティブなことのほうが、リアリティがあると思っていたのです。

ローカ・・・世界という意味のサンスクリット語。私たちが暮らしている地球世界はブ・ローカと言います。
      そしてその上方に6つの世界、下方に7つの世界があるというのがヒンドゥーの思想。 
      上方界はブ・ローカより喜びが多くて、至福を求めて修行をする気にはなれない。
      下方界は苦しみが多過ぎて、修行どころではない。
      ブ・ローカの人間界だけが、幸不幸や悲しみ喜びのバランスがとれて、「私は誰か」を追究して
      悟りにいたることが出来る、とされています。

サマスタ・・すべて、全体、という意味。

スキノ・・・・幸福、喜び、という意味。

バヴァントゥ・・・ありますように、という意味。

今は毎日唱えているこの祈りの言葉。
言葉には力がある・・・言葉そのものが力を持っているし、音として発した時に、見えないけれど、形になる。
その言葉の意味を毎回考え想うことで、唱える本人に大きな影響を与えていると思う。
そして、その想いは相手に届くことでしょう。
14のローカすべてが、幸せでありますように・・・・。

b0237103_112913.jpg

リシケシ トリヴィニ・ガートのアラティ・・・夕方、ガンジス河の前で火の儀式をして祈る人たち。






      
[PR]
by haru-ha-akebono | 2011-11-28 01:14 | 祈りの言葉 | Comments(0)

ヨーガ的幸福~わたしは誰か?Sat Cit Ananda

★私たち人間の願いは何でしょうか?
 それはいつも幸せでありたいという願い。その幸せが永遠に続いて欲しいという願いではないでしょうか。こ 
 の幸せは、自分の外側にある対象を求めて、それを得た時に感じるものと、同じでしょうか?
 何かを求めて、その対象物が得られなかったら、私たちは悲しくなったり、惨めになったり、苦しくなった  
 り・・・しませんか?
 反対にそれを得ることが出来たら、喜んだり、楽しくなったりします。
 それは、その対象が私たちの感覚(五感)を刺激して、私たちに幸せを与えてくれると思っているからです。

★ヴェーダーンタ哲学では、人間の本質は体や心ではなく、純粋意識=アートマン (究極的にはブラフマン)
 であると言っています。 
 この純粋意識は既に、永遠の至福に満ちた存在・・・Sat・ Cit・Anandaなのです。
 例えば  
 「今、ヨーガのアーサナをおこなっているのは私だ」
 と思う時、アーサナをしている肉体は自分のもの、肉体=自分と考えています。
 また、病気や怪我で苦しい時に、他のことが何も考えられず、苦しさに没頭(巻き込まれて)してしまう。
 その時も、肉体と自分を同一視しているわけです。
 
 心を例に挙げましょう。、他者に投げかけられた言葉で、傷ついたとします。
 「相手が自分を傷つけた」
 と思って嘆いたり、落ち込んだりする時、心と自分の同一視をしているのです。
 反対にとても嬉しいことがあって、我を忘れて喜んでいる時も、喜ぶ心が自分になっているのです。
 
 本来純粋意識である自分自身を、体や心だと錯覚しているため、悲しみや惨めさや苦しみが生まれます。
 また同様に喜びや楽しさという感情が生まれ、これが継続されないために、また悲しみや惨めさが生まれ 
 る・・・。これを繰り返して、私たちは一生を終えてしまうのです。
 それで、真に幸せな人生と言えるでしょうか?
 幸せと思ったのは束の間の、「何か」だったのです。

★自分自身の本質(純粋意識)と、体や心を同一視していることを、ヴェーダーンタ哲学では、
 エゴ(私意識)と言います。
 体・心・思考・感覚は、純粋意識にとっては眺める対象物です。
 この、純粋意識とは、人間の生涯を通して変わらないもの=真実です。
 体や心は、絶え間なく変化し続けている=偽り、束の間のものです。
 純粋意識は生涯変わらず、唯、体や心が行っていること=変化を眺め続けています。
 その純粋意識が、自分自身の本質であることに気付くためには、自分の体や心の変化を対象として
 眺める練習が必要です。
 また、いつも何が真実で何が偽りかを考えることで、識別する力が生まれます。

★ヨーガの実習を行い続けていくことで、体や心を眺める目撃者としての意識や識別力を
 発展させることが出来ます。
 その実習を行い、自分が純粋意識であると確信する体験をした時に、私たちは「永遠の至福」
 そのものを感じます。


ここまで書いたことは、昨年の秋、知人が主宰するヨガ教室の合宿で、私がレクチャーをさせてもらった時のレジュメを、少し直したものです。続きがありますが、それは次回に。


人間は、すでに・・・完全な存在=Sat、完全に純粋な意識=Cit、絶対の至福=Ananda、
であるにもかかわらず、体や心が自分であると思っています。
ヴェーダーンタ哲学では、その思い違いを、「マーヤー」(サンスクリット語で、錯覚や幻想という意味)、と言います。私たちが一生懸命生きているこの日常世界は、「錯覚・幻想」だというのです。
ヨーガの修行は、何か特別な者になることではなく、私たちの錯覚・幻想を取り除いていくことなのです。
取り除いて、「ブラフマン」を顕すことなのです。

グルディブ・シヴァナンダさんの珠玉の言葉という題の小さな本には、
 「あなたはその滅びる体ではなく、すべてに浸透している不滅の純粋な意識だ」
と書いてあります。
 「あなたはそれである・・・Tat Tvam Asi」

 
[PR]
by haru-ha-akebono | 2011-11-24 18:35 | わたしは誰か?Who am I? | Comments(0)

ヨーガ・スートラを学ぶ会

「ヨーガ・スートラを学ぶ会」に参加するために、抱一先生のヨーガ塾を訪れたのは、
リシケシから帰って5日目のことだった。
「なんて清らかな空気が流れているんだろう!」
ヨーガ塾の室内に入って、最初にそう感じた。
時間になると、先生はお香に点火して、祭壇を清めるアラティを始める。
祭壇の中央には、「ヨーガ・スートラ」を編纂したというパタンジャリの像の写真が置かれ、
その周囲は花で飾られている。
まず、皆でシャンティ・マントラを唱える・・・神聖な時間と空間が広がっていく。
日本語で学べる「ヨーガ・スートラ」と言えば、あの難解な日本語の「ヨーガ根本教典」。
私にとって、抱一先生のこの授業は貴重な時間です。

★今週19日の土曜の午後、「ヨーガ・スートラを学ぶ会」があります。詳細は下記をご覧下さい。


ヨーガスートラを学ぶ会 No. 2  (BCCにて)

11月19日(土) 沙羅舎2F こころとからだ塾 開場 2:30p.m. 講座 3:00p.m.~5p.m.
講師 抱一  参加費 2,000円
今回の内容は、
ビハール・スクールの「ヨーガスートラ解説」
ヨーガスートラのサンスクリット語の朗誦
第一章1、2、3節の解説を学びます。
第一節では、ヨーガスートラを学ぶ準備について、
第二節では、心とは何か、心の動きを止めることとは何かについて、
第三節では、心の動きが止まるとき、どのような状態が生じるかについて
ヴィヤーサ、スワミ・サッティヤーナンダ、デシカチャー、スワミ・プラバーヴァナンダ、スワミ・ヴィヴェーカーナンダその他の解説を学びます。
皆さんのご参加をお待ちしています。       抱一


お問い合わせ・申し込み、地図などは“沙羅舎”のホームページ・ヨーガ塾から

b0237103_19105466.jpg

[PR]
by haru-ha-akebono | 2011-11-16 19:23 | 聖典を学ぶ | Comments(0)

サーブ、ラブ、ギブ  Serve,Love,Give

スワミ・ヴィシュワルーパナンダ・ジが、私に言った言葉 「自分は誰かを自分に問いなさい」。
すでに私はわたしなのに、「自分は誰か?」とはなんだろう・・・。
リシケシのシヴァナンダ・アシュラム(ディヴァイン・ライフ・ソサエティ=DLS)には、有名なシヴァナンダさんの言葉がある。
  「サーブ、ラブ、ギブ、ピューりファイ、コンセントレーション、メディテイト、リアライズ」
これは、「他者に奉仕しなさい、愛しなさい、与えなさい、
      そうすれば、あなたは清められ、集中出来、瞑想が起こり、自己が顕われる」という意味。
この最後の「自己を顕す」が、「私は誰か?」の答えなのだ。

リシケシに行くまでは、書物で読む言葉だった、悟りとか解脱。深い瞑想によって起こること。
シヴァナンダ・ジやチダナンダ・ジは勿論、悟った方たちだ。
リシケシでは、悟ったという方にも会った。
ヴィシュワルーパナンダ・ジも、それを目指して毎日修行をしている。
そのスワミジに、「毎日瞑想をしなさい」とも言われた。
なんだか怖くなった。悟り・解脱と言うことが目の前に差し出されたようで。
自分は今までと違う世界に行くの?
悟るのは、それはすごく大変なことで、遠い世界ではあるのだが。
帰国してからも、ずっと違和感があった。なんとも表現できない、気持ち。

ヨーガを始める前、カール・ロジャースの「人間中心療法」という、心理療法の勉強をしていた。
「療法」というが、まずは自分を知ることが最初からずっと続くのだ。
他者を受け容れることがこの療法の中心で、そのためにはまず自分を受け容れるところから始める。
それには終わりはない。その勉強(修行?)の中で、「自分は一体何のかを考えなさい」と先生に言われた。
自分の悩み=問題があり、学習も兼ねて、先生に療法・・・つまりカウンセリングを受けた。
「嫌いな人がいたら、うんと言いたいだけ悪口を言っていい。言いなさい。そして、気が済んだら、悪口を
 言ってる自分はなんなのか?と言うことを考えなさい。」 
私の話が終わって、先生は大体そんなことをおしゃった。
「自分は一体なんなのか?」  それは、心に深く打ち込まれた。

あれから、随分時が経ったのに、わたしは何も分かっていない。何も変わっていない。
何も進歩していない。ヨーガを始めるきっかけとなった、心理療法。
そして、ヨーガを始めて、あちこち不調を抱えていた身体が、ちょっとずつ元気になった。
考え方もそれまでよりは前向きになった気がする。
でも、何かあると外の世界に回答を求めてる。
それでいいの? 自分の中には無限の何かがあるはずだ・・・。まだ自分が知らないことが。
怖いけれど、一歩を踏み出すしかない。
「自分は誰か」を、いつも問い続ける。外に歩いて行こうとする心を引き戻す。
そして、瞑想。  
生活が、変わりつつあった。                 


b0237103_2338142.jpg
                シヴァナンダ・アシュラムのサマディ・シュラインにて

 

 
[PR]
by haru-ha-akebono | 2011-11-15 23:50 | わたしは誰か?Who am I? | Comments(0)

ハリオーム★はじめまして!! 

ハリオーム はじめまして。

下の写真は、インド・リシケシのシヴァナンダ・アシュラム(ディヴァイン・ライフ・ソサエティ=DLS)を創設した
スワミ・シヴァナンダ・ジと、その弟子で、シヴァナンダ・ジのあとを継いでDLSの総長となったスワミ・チダナンダ・ジの履いていたサンダルです。大きい方がシヴァナンダ・ジ、小さい方がチダナンダ・ジの物。サンダルの前には、お二人の写真が置いてあります。
私が初めて一人でリシケシを訪れた3年前の夏、スワミ・チダナンダ・ジがマハ・サマーディに入られた。その直後、チダナンダ・ジの住居=グル・ニワスが一般に公開されて(総長でしたから公式の場でもあった)、その部屋にこのサンダルが飾られてありました。私の3ヶ月のリシケシ滞在が終わりに近づいた頃のことです。

さて、この時私が滞在していたのはシヴァナンダ・アシュラムではなく、アシュラムから歩くと20分程の所にあるゲストハウスでした。ここは日本人女性のKさんが経営している、ヨーガ・ホールのある小さなホテル。
そこには、スワミ・ヴィシュワルーパナンダ・ジという、気が向いた時にハタ・ヨーガを教えてくれる出家者が住んでいました。スワミジは15歳の時に父親からヨーガを教わって以来、ハタ・ヨーガという身体を使うヨーガを実践して悟りにいたるための修行に、とても熱心な方。

スワミジは、希望する外国人が何人か集まると、アーサナやインド哲学を教えてくれていました。
アーサナをするその身体の柔らかいこと・・・
「スワミジはなぜそんなに身体が柔らかいのですか?」と聞くと、「いつもリラックスしているから。」という答え。
朝は3時間も瞑想をすると言う。
隣の部屋に滞在していた日本人の男性が、「そんなに長い時間座っていて、疲れませんか?」と質問すると、「何もしていないのだから、疲れるわけがない。」と笑って答えた。  
「?何にもしていないって・・・?」
何もしていないって、一体どういうことだろう? 3時間も瞑想をしてるのでしょう?

それから、スワミジはアーサナのクラスの時、「あなた方は何もしていない。」とかならず言うのです。
その言葉は、どこか深いところにふーっと入ってくるのだけれど、頭で考えるとなんだか分からなくなる。
アーサナをしてるのに、何もしていないってどういうこと? YOU ARE NOT DO?

そして、私が帰国する前日のレクチャー(インド哲学の講義で、寺子屋風の集まり)が終わって、スワミジは私に向かってこう言った。
「ゆうこ、24時間いつも自分は誰かを問いかけなさい。それがヨーガの練習(ヨギック・プラクティス)だよ。」
自分は誰か?WHO AM I?
そう問うことがヨーガの練習なの?
「でも、自分は誰か、って以前どこかで聞いたことがあるような・・・・。」
あの、「あなた方は何もしていない」という言葉も何度もよみがえってくる。
そこから、真実のヨーガを求めることが始まった・・・。日本のヨーガ教室に通い始めて15年目のこと。
続く

b0237103_14373765.jpg
[PR]
by haru-ha-akebono | 2011-11-09 13:00 | ご挨拶 | Comments(0)