はるはあけぼの ヨガDiary

haru2918.exblog.jp
ブログトップ

<   2012年 08月 ( 21 )   > この月の画像一覧

身体に聴く・効く

今日は「はるはあけぼの・ワークショップ」でした。
講師はロルファーの中村直美さん。
参加者は満員御礼で、皆さんがかなりロルフィングに興味を抱いていることが
事前にわかったのです。
まず、ロルフィングとは何かを説明していただいて、
そして日常生活に活かせる、体の使い方、立ち方や座り方から入りました。
わたしのヨーガの生徒さんたちに、このロルフィング的体の使い方を考えながら
ポーズ(アーサナ)をお教えするようになってから、
皆さん体の痛みがなくなり、快適さが増してきたのです。
今日は生徒さんではない方も参加いただきました。

自分の体に案外意識を向けていないのが、人間です。
この傾向は肉体労働ではなく、頭脳労働をするようになってきてから強まってきたのではないかと思います。
近年の仕事はパソコン作業が圧倒的に多いのではないでしょうか?
意識が自分の体に向かわないと、いつも外側の世界に五感と心が向いてしまうのです。
ヨーガを続けていてもそこが理解出来ない方は、周りを見て人をうらやみ、
自分と比べ、いつも気持ちが落ち着かないようです。
つまり、ただ漠然と体を動かし、表面的にポーズをなぞっているだけなのです。
そこには何の発展もありません。
ヨーガの修行はスタートさえしていないのです。
はっきりとした肉体意識があれば、ポーズの表面的な格好が出来る出来ないではなく、
自分の体はこれだ、確かに今こういう感覚が起きている、と自分を信頼出来るようになります。
そうすれば、他者との比較が無意味なことだとわかり、
他人をうらやむことも、反対にうぬぼれることもこともなくなり、
一々外側の出来事=現象に、気持ちを引っ張られることはなくなるでしょう。
b0237103_0294415.jpg
 二人一組になって、押し合う練習 腰や腕の力ではなく、足と体を直線にして、片足の蹴りで相手を押す

立ち方、座り方、歩き方、それを丁寧に一人ずつ見てもらって、
実践してみます。
すごく素直に反応する人、結構頑固な人、様々・・・。
単純な動きだからこそ、わかることが多いのです、自分の体の癖について。
後半は、中村先生もモデルを努めた安田登さん著のロルフィングの本にはおおむね載っている、
『足ブラエクササイズ』をしました。
これ、ブラッとさせるのが案外難しいのです。
わたしも含めて、体のあちこちをロックさせている人ばかりで、
でもしばらく振るうちに体感できるようになってきました、自分の体・動作・使い方が。
b0237103_0363887.jpg
    足ブラ・エクササイズ 大腰筋のありかが実感できる  

その後、体幹の伸びが実感し易いヨーガの立ちポーズをいくつか行って、
更に体の使い方を学びました。
それから床に座って、ヨーガの自然呼吸をしました。
これらはわたしが誘導したのですが、体を緩めたせいか、
皆さんすぐに静かに集中に入ることが出来ました。
この呼吸の前に、中村先生から『意識を自分の体の感覚に向けていることが大事』という話しがありました。
外の世界にむいている意識を自分の内側へ向ける、これはヨーガと同じです。
ヨーガのポーズは集中の練習のためでもあるのです。

b0237103_0303746.jpg
         体の使い方を指導する中村直美さん

歩き方や座り方だと自分と他人を比較することはないでしょう?
『自分なり』があるのを無意識にわかっているからです。
それなのに、ヨーガのポーズやダンスなどになると
つい人と比べてしまうのはなぜでしょうか?
日常行う動作ではないことを新に学ぶことは、学校教育の記憶が人の潜在意識の中にあって、
気づかないうちに人と比べてしまうのでしょう。
そういうことも含めて、自分の行いとそこに成り立っている感情を意識化していくことが、
ヨーガを行う上で、大事なところでもあります。

それから、中村直美さんは今日のようなワークショップは通常しないそうです。
ロルフィングはベッドに横になって行う施術です。
でも時折、被施術者も施術に合わせて呼吸をしたり動いたりと、参加をします。
10回が1セットですが、それが済むとよほどのことがない限り、通う必要がないのです。
体は施術が終わった後も継続して良くなっていくそうです。
依存性のない、とても気持ちが良い(生まれ変わったように楽になる)ものですから、
興味のある方は是非受けてみてください。
[PR]
by haru-ha-akebono | 2012-08-31 00:40 | インテグラル・ヨーガ | Comments(0)

偉大なる魂

4年前の夏リシケシにいた。
8月29日に、ディヴァイン・ライフ・ソサエティの総長チダナンダ・ジが肉体を離れて、
純粋意識となった。
プラーナの去った亡骸は、
隠遁されていたデラドゥーンの住まいシャンティ・ニワスから、
リシケシのアシュラムに運ばれて、遺言通りにすぐにガンガーに沈められた。
アシュラムの近くのラム・ジューラという橋の袂のすぐ下だという。

b0237103_044187.jpg



   神様は遍在だ
    彼の存在をいたるところに感じなさい
    彼の目は全てを見つめている
    彼の手は全てを護っている
    彼を信頼しなさい
  親愛なる彼の名前の中に避難しなさい
  あなたは絶望する必要はない
  あなたは何も恐れる必要はない・・・・・・・スワミ・チダナンダ

b0237103_05626.jpg

[PR]
by haru-ha-akebono | 2012-08-30 00:10 | 祈りの言葉 | Comments(0)

歯を抜きました~プラーラブダ・カルマ

今月中旬に大腸の内視鏡検査を受たとき、腸内洗浄をしました。
そのせいか、その後体調が良いのです。
検査後数日は、お腹が張りちょっとした疲労感がありましたが、その後は快調。
体が軽くて楽な感じです。
ハタ・ヨーガのシャットカルマに「バスティ」というものがありますが、それと似たような効果なのでしょう。
「バスティ」とは腸内の洗浄です。
ビハール・スクール・オブ・ヨーガの本によると、結構技術がいりそうです。
同じシャット・カルマで、クンジャル・クリアというものを、以前したことがあります。
こちらは胃洗浄で、塩をいれたぬるま湯を沢山飲んで、それから喉に指を入れて吐くのです。
知人のヨガ教室の合宿で行ったのです。
初めは苦しいのではないかと思ったのですが、やってみたらとても簡単で気持ちが良かったです。
ハタ・ヨーガは様々な浄化(アーサナやプラーナーヤーマも浄化です)を行うことで、
イダーとピンガラの調和を目的としています。
完全な調和が、真の自分の顕現なのです。

さて、大腸の検査が終わってやれやれと思っていたのですが、
今日は奥歯を1本とそのそばの親知らずを抜きました。
何針か縫ったので、夕食は流動食です。
歯が悪いのは子供時代に甘い物を沢山食べたからだと、先日あらためて思いました。
過去の行いが現在に結果となって顕れる、プラーラブダ・カルマです。
子供時代は歯科治療も今ほど進んではいなくて、
20年前に、今日抜歯をした歯科医院で大工事を行うまでは、わたしの口腔内はお粗末なものでした。
歯並びが悪い上に噛み合わせも悪く、
大工事の時は、年齢的にもう完全な噛み合わせにはなりませんでした。
それでもきちんと治したので、顔の印象も変わり、体の不調も軽減したのです。
b0237103_0165453.jpg
    リシケシのジャーマン・カフェ

今日の新聞に、主食は米を抜いてパン、という記事が載っていました。
わたしは米が好きです。
パンも食べますが、素朴なパンにかぎります。
女性に増えている乳癌は、乳製品やパン食が関係していると聞いたことがあります。
パンの何がいけないのか?添加物です。
本当のパンは酵母と水と粉で作りますが、売れる口当たりの良いパンにするために
様々な添加を入れるからです。
薬品みたいな合成のイーストや、出処不明のバターや卵や保存料や・・・。
当然、沢山の白砂糖も。
パン屋のチェーン店化が、食生活を大きく変えてきたのです。
食物は体の健康だけではなく、精神にも影響します。
白砂糖による低血糖症は、ネガティブな感情を作りだすのです。
急に落ち込んだり、急にハイになったり、キレやすかったり・・・。
盛り上がっては持続せずにすぐ醒める、そんな人が増えてる気がします。
b0237103_0171396.jpg
   インドの甘~いお菓子

それから、どこの駅にも、その近くにもあるコーヒーチェーン店。
わたしもたまには入りますけれど。
でも、そのコーヒーはケミカルな味がします。
店内はゴミ臭いし、騒々しいのに、いつも満員です。
そして、プラスティックのコーヒーカップは資源の無駄使い。
パン屋もチェーン店化する前は、今のパンとは違っていたのです。
食べるという個人的なことがチェーン店化して、
いつでも何処でも、同じ物が同じ味で手に入ることで、失ったものが沢山あるのではないかしら。
健康も、自立性も、個性も、食物への感謝の気持ちも。

b0237103_0175031.jpg
   リシケシノカフェの大盛りフルーツヨーグルト
[PR]
by haru-ha-akebono | 2012-08-28 00:29 | インテグラル・ヨーガ | Comments(0)

読書

『生に安全はない。
 安全への希求を手放したとき、
 生の豊饒さが姿を現す!』

こんな言葉が本の帯に書かれた、J.クリシュナムルティの本を読んでいます。
クリシュナムルティは、“生の革命家”と言われていますが、
本当にその通りだな、と思うことを説いています。
革命に思えるとしたら、安全を望む怠惰な気持ちに蝕まれているからなのでしょう。

『安全』を望んだら、一歩も前に進めないのです。
失敗をしないよう、危険を冒さないよう、慎重に行動してるつもりでも、
1秒後には何が起こるかわからない。
それが生きるということで、人間は行為や行動の結果を決めることは出来ないのです。


b0237103_2210297.jpg

[PR]
by haru-ha-akebono | 2012-08-27 22:11 | わたしは誰か?Who am I? | Comments(0)

時空を超えて

インドばかり行っているインド好き(ヨーガを始める前から)ですが、
次に行きたい国がシリアです。
しかし、今はとてもいける政情ではありません。
パルミラというローマ帝国支配時代の都市遺跡を、見てみたいと思ったのです。
20代の終わりに、辻邦生の「時の扉」を読んで以来の憧れの国でした。
行っていないのに過去形なのは、内戦でもう行くことが出来ないかもしれないからです。

内戦の報道は痛ましい思いで聞いていた上、数日前に日本人女性ジャーナリストが銃撃され死亡しました。
初めは銃撃戦に巻き込まれたという報道でしたが、
昨日、狙撃だったというニュースがあり、驚きました。
アウンサウン・スーチーさんの映画でわかりますが、
世界に自国の政情が見えないようにする、報道規制や操作が行われているのです。
自国の中で、同じ国民同士がなぜ戦わなくてはならないのか、わかりません。
ただ、人間のエゴと言ってしまえばそれまでです。
地球上から争いをなくすことは、とても困難なことなのでしょうか。

「時の扉」は、とても美しい物語です。
タペストリーを思わせる・・・。


b0237103_0514418.jpg

[PR]
by haru-ha-akebono | 2012-08-24 00:58 | 祈りの言葉 | Comments(0)

カルマ・ヨーガのひと~祖国の自由のために

「The Lady アウンサウン・スーチー 引き裂かれた愛」を観ました。
ネットでの予告篇では、『引き裂かれた家族の・・・』とナレーションが入っているのですが、
わたしは『カルマ・ヨーガの女性の物語』と受け取りました。
人生に与えられた役割を生きることを選んだ女性スーチーさんと、その家族。
家族の愛と絆に支えられて、それは強力なものとなっていくのですが、
夫や子供たちもまた、『ビルマ』を解放するための役割を生きるのです。

英国で暮らす普通の主婦だったスーチーさんは、
母親の病気の知らせに祖国に帰り、あっと言う間に政治家になっていくのです。
それは自ら選ぶとか、周りに勧められたから(乞われはするのですが)とかではなく、宿命。
そこに導かれていったとしか思えません。
家族の愛は個人的な愛ですが、祖国民の自由のためという大きな愛=コンパッションを選ぶのです。
ためらうスーチーさんを押し出すかのような夫の励まし。
二人の絆は『ビルマ』を介して、ずっと離れることはなかったのです。
物理的には引き裂かれていますが。

カルマ・ヨーガとは、自分個人の利得のために行う仕事ではありません。
行為の結果を自分が斟酌するのではなく、他者のため、そして神様への捧げ物として行う仕事です。
いつも「バガヴァッド・ギーター」の講義をして下さるスワミ・メダサーナンダ・ジによれば、
動物の中で最も利己的な生き物が人間だそうです。
私たちは、他者の助けなしには一日も生きてはいられません。
しかしそのことは忘れて、自分と自分の愛する家族のためだけに利益を得ようとするのが人間なのです。
だから、行為の結果を考えず果実を受け取ることなく、
他者に奉仕をすることが必要なのだと、スワミ・ジは言います。

原発問題や昨年の大震災の問題は片付いてはいませんが、
それでも日本は民主的だし平和です。
それゆえ、わたしたちはかなり利己的になっています。
利己的なことが当たり前、生まれた時から人より前に出て、他人よりえらくなろうとか、
人より良い果実を得ようとか、そんな教育を受けてきたのが現代の日本人だと思います。
生まれてきた真の意味、自分の人生における役割を考えることが、あるでしょうか?
ただ、目の前の利欲を得ることに突き動かされているうちに、老いて死が近づいて来るのです。

これは、外国の偉人伝ではなく、生まれてきたことの意味、生きることの役割を、問いかけてくる映画です。
そして、自宅軟禁されている政治家として見てきたスーチーさんの、女性としての苦悩や、
非暴力の精神、武力に屈しない精神の強さが伝わってきます。


b0237103_0214798.jpg

[PR]
by haru-ha-akebono | 2012-08-24 00:24 | インテグラル・ヨーガ | Comments(0)

アルナーチャラへ捧ぐ

沢山のものが揃っている、便利だし、上から下までなんでもあり、の東京。
でも、なんだかつまらないな~!!

それで、ちょっとアルナーチャラに行って来ました。
[PR]
by haru-ha-akebono | 2012-08-23 00:26 | わたしは誰か?Who am I? | Comments(0)

これはシャクティの顕れ~体と心を知る

初めてロルフィングを受けたのは、4年前の冬から初夏にかけてでした。
ロルフィングは治療ではなく、受ける人も参加するボディ・ワークです。
ですから、体に特に気になる症状がなくても受けることは可能です。
15年近い介護が終わって、ホッとしたからか、度々ギックリ腰を起こすようになりました。
介護中は腰痛にはならなかったのですから不思議です。
溜まっている疲れが出ているのか・・・?
中断していたヨーガも、教室にまた通い始めたのですが。
当時ヨーガの指導員の勉強をしていたので、本屋では心身に関する本を見るのが常となっていました。
その時、「ゆるめてリセット・ロルフィング教室」という本に出会ったのです。
これには、自分で出来る範囲のロルフィングのノウハウが書かれています。
そこの巻末に、ロルフィングの施術の紹介が載っていて、
モデルとなっているロルファーさんが、中村直美さんでした。
整体を受けても繰り返す腰痛に、ロルフィングは良さそうに思えました。
また、若くてきれいな中村先生の写真は近寄りがたくなくて、つまり親しみ易くて、
思い切って予約の電話をかけました。
先生はとても明るく元気で、もう腰痛は治る、と思わせるものを感じました。

b0237103_028222.jpg


ロルフィングは10回で1セットになっています。
その10回を受けると、体は自分で改善することを続けるということで、
よほどのことがない限り、度々通う必要はないのです。
依存性がない施術です。
その後訪れたのは、1年に1回位の割合です。
今年の5月、骨折の後遺症で左の背面全体がまだ硬いと感じ、
中村先生のところを訪れました。
リハビリ的なことは2回ほどで、その後、ヨーガの動きでやりにくくなっていることを中心に
体を見ていただき、使い方を変える、ロルフィング・ムーブメントを受けました。
これは自分で動きながら、ロルフィングを受けるような感じです。
すごく体は楽になり、ヨーガのポーズの動きも骨折後の影響を、ほとんど受けなくなりました。

初めてロルフィングを受けたとき、体は緩み、
ヨーガ教室の人から胴体が細長くなったと言われました。
そして、感情の解放が起こったのです。
長い介護で緊張していたのは、体だけではなく、気持ちもでした。
体が緩むと、心も緩む。
それを体感しました。

それから1年位して、ヨーガ教室で、数回目になるタットワ・シュッディという瞑想を行いました。
その日の夕方、まるであのロルフィングを受けた時のような、心身の解放が起こったのです。
心の解放感と同時に、体の拡大を感じました。
現実には体は大きくはなりませんが、体内の細胞が広がって体全体が緩んでいくのが感じられました。
瞑想実践中は座っているので、これは意識を使って心身が解放されたということなのでしょうか。
体と心は一つ、何処からが体で、何処からが心とは言えないものだと実感しました。
やがて、心身を動かす力、その背後にあるものを感じるようになっていきました。

また、ロルフィングを受けた後は、思考が停止していることに気がつきました。
(ロルフィングはあきらかに、沢山ある他のボディ・ワークとは違っています。)
ヨーガのポーズや瞑想の実践の後も、心身が解放された時は思考がなくなっています。
あれこれ余計な想念は消え、現在ここにある自分、なのです。
肉体と精神と意識とのつながりの不思議さ。
体は単に粗大な物質ではなく、その背後にあるスピリチュアルな世界への入り口なのです。




b0237103_027696.jpg

[PR]
by haru-ha-akebono | 2012-08-22 00:28 | シャクティの力 | Comments(0)

体を知る~わたしを知る

今朝、まだ明け方のこと、風が肌寒く感じられました。
日中は入道雲が出て、陽射しもきつく、真昼は歩くとかなりバテますが、
夕方は段々と気温が下がってくるのがわかります。
日暮れも早くなってきて、6時にはうすっらと暗くなり始める気配。
もう、日が短くなっているのです!!
暗くなると、鈴虫の声も聞こえるようになりました。

来週、ヨーガ教室でワークショップを行います。
日本ではまだ10人ほどしかいない、ロルファーの中村直美さんをお招きして、
体と意識の空間について、セッションをします。
ロルフィングはまだ知る人ぞ知る、一口では説明出来ないボディ・ワークです。
しかし、ロルフィングには「これ」という定義があります。

対してヨーガは、「ヨーガとは真の自分を知ること」でありながら、
今や健康法だったり美容法だったりと、受ける人と教える人の数だけ存在しているようです。
でも、健康法として行っているのに、体を痛める人が結構いるのです。
無理にヨーガのポーズの形に体をはめ込もうとして痛めるのです。
自分も一時期、そうでした。
また、精神性を求めながらもネガティブな方向へ向かったり(閉鎖的な世界にこもってしまう)、
エゴが強まってしまったり(他者と自分を比較するから)、
そういう現実も目にしてきました。(自分だって!?)
それらは、適切な体の使い方が行われていないからではないか?
という疑問から、このワークショップの企画が生まれたのです。
ヨーガのポーズをやっていけばもちろんいいのですが、
別な観点から取り組んでみるのもいいかなと思ったのです。
だいたい、2年前にリシケシから来たヨーガの師スワミ・ヴィシュワルーパナンダ・ジに、
もっと体を鍛えるように言われたのです。
一緒に散歩に行った公園の遊具で、毎日体操をしなさい、と。
スワミ・ジの歩く速度は、わたしの何倍速?半端ではありませんでした。
鍛えるとは、体の使い方を知るということです。
体が整っていないと、健全なスピリチュアルな世界に到達できないのです。

ヨーガを離れたところでも、今の都市生活者は体を動かす時間が少なく、
理屈っぽくなっているのではないでしょうか。
生きているリアリティが希薄なのは、体を感じられないから・・・・。
肉体と心と魂の結びつきが、ずれている気がするのです。

ワークショップの定員はあと2名で満席です。
興味のある方は、ヨーガの経験がなくても大丈夫です。
8月30日、午前10~12時、
場所は、ヨーガクラスと同じ 阿佐ヶ谷地域区民センター第5和室です。

b0237103_0104791.jpg

[PR]
by haru-ha-akebono | 2012-08-21 00:14 | インテグラル・ヨーガ | Comments(0)

無音の音

目を閉じてじっとしていると、地球が廻っていることが感じられた。
回転の微細な感覚も。
しばらくすると、地面も木々も川も空も、呼吸している音が聞こえた。
息を吐いたり、吸ったりしている・・・。
わたしもその一部であることを、知った。


b0237103_020990.jpg

[PR]
by haru-ha-akebono | 2012-08-20 00:23 | シャクティの力 | Comments(0)