はるはあけぼの ヨガDiary

haru2918.exblog.jp
ブログトップ

<   2013年 11月 ( 3 )   > この月の画像一覧

10月のナーラーヤナ活動は、雨のち晴れ

早いもので、明後日はナーラーヤナ活動です。
10月のことを書かないまま、あっという間に11月の活動の日を迎えようとしています。
先月、寿児童公園に到着した正午過ぎは、小雨でした。
朝は降っていなかったため、公園にはテントは張られていませんでした。
炊き出しの会に、日本ヴェーダーンタ協会は月の第4金曜日に参加しています。
ホームレスの方たちの中の神様をお世話すること、
それゆえに「ナーラーヤナ活動」と名付けています。
ナーラーヤナはインドの神様の名前なのです。

ナーラーヤナ活動に参加するようになって初めて、雑炊をお椀に盛って配る係りをしました。
具が沢山入った雑炊は案外重く、大きな柄杓で特大ポリバケツからよそうのは
思ったより重労働でした。
雨は降ったりやんだりしていました。
この日の配食数は、661食。
9月とあまり変わりません。
協会からは、7人のボランティアが参加しました。
珍しく、学生さんのボランティアがなくて、わたしたち7名は、バナナ担当、
食器洗い担当、わたしとSさんの雑炊担当、となりました。

バナナを配っていた時にはわからなかったのですが、
お鍋やタッパの弁当箱を持ってくる方が多いのです。
その方たちは、夜の食事の分も貰っていくのです。
お椀の人には8分目までよそう、タッパや鍋の人には柄杓2杯まで、
と、配る量が細かく決められています。
雑炊が入った大きなバケツは、途中お湯を入れて、
下のほうで水分が減ってなくなった雑炊に潤いを与えていました。

b0237103_0402840.jpg



久々に参加したインド人女性のMさんとMさんの息子さんのNくん。
Nくんはインターナショナルスクールの秋休みだそうで、来てみたいと参加したのです。
今月が2回目のTさん。先月ほどの緊張は見られません。
私が到着した時、すでにビニールのレインコートを着ていたのですが、
雨が売り出し、Hさんがコンビニに行って買ってきてくれたのだそうです。
Tさんはすごく感激していました。
男性のHさんは、良く気が利くし優しいな~!!

さて、雑炊を配り終わる頃には雨もやみ、食べる人たちも、
ボランティアの人たちも、ほっとした空気が流れました。

これから寒くなると、路上生活の人たちは辛いでしょう。
日用品や衣類を募ってホームレスの方々に支給している「さなぎの家」のホームページには、
現在必要な物が載っています。
ヴェーダーンタ協会も募ってさなぎの家に納めていますが、
その時節で必要品は変わるので、寄付をして下さる場合、
さなぎの家のホームページにて確認をしてください。
[PR]
by haru-ha-akebono | 2013-11-21 00:42 | 炊き出しの会のこと | Comments(0)

マザーカーリー~全ての祈りを叶えて下さるかたよ

2日、逗子の日本ヴェーダーンタ協会にて、
カーリープージャが行われました。
100人を超す人がみえ、盛大な儀式となりました。
カーリーは花や沢山のお供え物に囲まれています。


b0237103_075295.jpg



コルカタのラーマクリシュナミッションと同じ時刻に行われるということを、
昨年、協会長のスワミ・メーダサーナンダ・ジから伺いました。
そう、儀式は夜の7時から始まり、10時30分頃まで続きました。
参加した皆様への夕食のサービスのために、献花が終わると会場の外に出ました。
会場にいたのは短い時間でしたが、胸に迫る熱いエネルギーを感じたのです。
この宇宙を司る母なる神、カリーが巻き起こしている火!!
姿は見えないけれど、私たちを祝福してくださっている・・・。
全員で、「サルヴァ・マンガラム・マンガレー」を歌いました。


b0237103_084568.jpg

[PR]
by haru-ha-akebono | 2013-11-07 00:13 | シャクティの力 | Comments(0)

レインボウ

1年近く、卒業した学校の同窓会を手伝っていましたが、
今日退会しました。
学校とは、大学の付属高校で、女子高です。
女性の自立や個性を大切にする校風なはずなのですが、
なんともはや、有閑マダムの集まりとしか思えない会です。
世間ではもう若くはないわたしが最も若いほうなので、平均年齢は相当な高齢です。
ですから、仕方ないのかもしれません。
しかし、年齢のせいばかりではなさそうです。
今時、「有閑マダム」という言葉は死語のようですが、
何を誰をターゲットに、延々話し合いをしているのか・・・・、全くわからない。
暇があってこそできることです
そして、建設的と思われる意見は、冷やかに受け流されてしまいます。
少し若い方々も、長いものには巻かれろで、その場に合わせて自分の意見は言いません。
(陰でこそこそは言いますが)
これがこの学校の教育の成果ですか?
自主性、自分が個性を主張するなら、他人の個性も認める・・・・。
これが校風だったのではなかったのですか?

それなりに愛校心を持っていた私ですが、その心は何処かへ消えました。
学校を卒業して〇〇十年・・・。
その後の道を振り返って、今はもうどこの学校を出ていても関係ないと思います。
学生時代は楽しかった、けれどそこに執着はないのです。
そこで学んだことを、社会で人のために活かせてこそ、まことの「教育」なはずです。


b0237103_23475351.jpg

[PR]
by haru-ha-akebono | 2013-11-06 23:52 | アートの時間 | Comments(0)