はるはあけぼの ヨガDiary

haru2918.exblog.jp
ブログトップ

<   2015年 04月 ( 12 )   > この月の画像一覧

二元性を超える

「好き・嫌い」・・・久しく忘れていた言葉でした。
しかし、人の行動の多くをこの感情が決めているのではないでしょうか。
先日、「好き嫌い etc を少なくして云々」というお便りをいただきました。
私よりもずっと高い修行をされてる方からです。
好き・嫌い、良い・悪い、といったものは修行の邪魔になります。
当たり前のことが書いてあるな、と思い、すぐに
「どうしたら好き嫌いを少なく出来るの?」と思いました。
そこには言及していませんでした。

好き・嫌いの源は、自分への愛ではないでしょうか?
自分の体や心、と私たちは一々意識していませんが、
これが自分の本質であると思っていて、
それを何かによって浸食される、またはされそうになると危機を感じます。
その時、「嫌い」や「怒り」、「怖れ」といった感情が生まれます。
反対に、自分の体や心を心地よくしてくれるものは「好き」になるのです。
例えば、お世辞だって、褒められれば嬉しいものです。
自分への愛が満たされるわけですから。
この満たされた愛が壊れそうになると、人はそこに執着します。
自分の心地よさを失いたくないからです。
もし失われたら、怒りや悲しみが出現するでしょう。
その強弱の度合いは、自分への愛の強さによるのでしょう。

さて、「執着」と言いましたが、「心や体は自分」という誤った認識がある限り、
これは存在し続けます。
執着とは、無くなる恐れがあるものに対して抱く感情です。
肉体や心はいずれ無くなるもの、永遠ではありません。
寿命が尽きたら、それらは無くなるとわかっているから、
しがみつく、執着するのです。
もし、永遠のものがこの世にあるとしたら、執着は起きないのではないでしょうか。
ヴェーダーンタ哲学では、人の本性は「アートマン」だと説いています。
永遠に変わらない、死ぬことも生まれることもない存在。
私たちの肉体と心の背後には、このアートマンがいます。

このアートマンは、宇宙の意識であるブラフマンの反射なのですが、
大元のこのブラフマンから見たら、
人間の「自分への愛」なんて、幻のレベルです。
話は急に飛躍するのですが、
そうしたら、嫌いも好きもなくなります。
人間を含むすべての命あるものは、このブラフマンの中にあるのです。
無くならない、永遠に光輝く存在と言われるものの一部なら、
失うものは何も無いのだから、好きだの嫌いだのはどうでも良くなります。

このような図式を意識して、頭に描いて、瞑想してみることを繰り返すと、
執着は徐々に薄れていくと言われています。
唯、体・心意識はとっても強いそうです。
何世も生まれ変わってきたから、その思いを強く信じ込んでいるのです。
だから、「自分の本質は体でも心でもない」と、
繰り返し考えた方がいいのです。
やがては、認識の転換が起きる時がくるでしょうから。

「好き・嫌い」の感情は、瞑想の邪魔になります。
この感情を無くすために、「自分は肉体でも心でもない」と瞑想をするのに、
その感情が瞑想の邪魔をするなんて・・・。
どうやってすればいいのでしょうか?
まず、「好き・嫌い」の思いが瞑想中に湧いたら、それと闘わないことです。
放っておくと、流れて行ってしまいます。
しかし、根絶しないと、いつもやって来ては去って行くので、
執着を手放す実践、「自分はアートマンである」と、毎日内省をしましょう。
やがて、二つの対立する感情(実は一つの感情の表裏なのです)は減って、
平穏が訪れるのです。


b0237103_019437.jpg

[PR]
by haru-ha-akebono | 2015-04-25 00:32 | わたしは誰か?Who am I? | Comments(2)

反対のことを考える その2

反対のことを考える・・・プラティパクシャ・バーヴァナという
メソッドと言っていいのか、聖典「ヨーガスートラ」に載ってるものです。
ネガティブな思い、これは多くの人が意識しないまま通常抱いている気持ちなのですが、
これが湧き上がった時に反対のことを考える、これがプラティパクシャ・バーヴァナです。

わたしも、ヨーガや心理学を学ぶ以前は、
自分の気持ち・心の動きを、
ネガティブ、ポジティブなどと考えたことはなかったのです。
また、通常なぜ意識しないまま気持ちがネガティブになっているかというと、
世間から入る情報は概ねネガティブであり、
それを無防備に受け取っているのが一般的な暮らし、だからです。
TVなどのマスコミュニケーションからは、
事故・犯罪・災害などのニュースが絶え間なく提供されています。
それを受け取っている、情報源の前にいる人間は、
そのネガティブな印象に知らずしらず染まっているのです。
そう、ネガティブなことが当たり前なのが一般社会の生活で、
ポジティブだとつまらなくなっているのです。
所謂、『嘘っぽい』のです。
それに、ポジティブなことはニュースになりませんから。

数週間前、「反対のことを考える」という記事を書いた後、
ヨーガ教師をしている友人から、『実例を挙げて書いてはどうか』と連絡がありました。
友人の生徒さんが、わたしのブログは難しいと言ったとか・・・。
まず、思ったのは、「ネガティブ」ということ自体が自分と関係があるとは
思えないのではないかということです。
理由はもう、上記しました。
ネガティブな生活にドップリと浸かっていると、
自分がネガティブかどうかわからなくなりますから。

例えば、特に「清らか」を目指していない霊性の修行をしていない人々は、
日常的に、他人を簡単に『好き』だの『嫌い』だのと言ってるのではありませんか?
その『嫌い』が人によっては深刻になっていくことがあります。
そうした時、初めて人は悩みます。
嫌いな人のことを考えた時、どんな気持ちでしょうか?
いい気持がする人は稀、とても稀だと思います。
その気持ちが自分とほぼ同化したら、どうすればいいのか・・・。
そこから抜け出すには、『好きなひとのことを考える』のです。
一度、嫌いを脇に置いて、好きな人のことを考えましょう。
急に、または徐々に、気持ちが楽になってくると思います。
そうしたら、もう嫌いな人のことは考えたくはないはずです。
これが、「反対のことを考える」です。
すごくシンプル。
でも、案外思いつかないでしょう?
聖者って、すごいなと思います。




b0237103_084740.jpg
[PR]
by haru-ha-akebono | 2015-04-24 00:10 | 聖典を学ぶ | Comments(0)

移ろうものはわたしではない

小さな出来事がきっかけで、気持ちはネガティブに支配されていきました。
短くはない、異国の生活の中で。
最初は、ネガティブになったきっかけの対象(対人関係)の相手のせいにしていました。
しかし、それでおしまいに出来るには、わたしの知識は多く、矜持もありました。
何年か、心の制御の訓練や信仰を続けてきたのに、
何の成果も現れていないとは!!
それとも、あるところまで浄化されても、簡単に転落するのが心の性質なのか?
どちらかはわかりません。
しかし、心の弱さ脆さを実感せずにはいられませんでした。

これは、心=自分だと勘違いしているからです。
何年か前に、
「わたしたちの本性はアートマン、身体や心は本当の自分ではありません」
というレクチャーをした自分がこの状態・・・。
“情けない” と思いました。
でも、心が闇に支配されているのは事実。
この闇の大きさと深さに心底ぞっとしました。
唯、今まではこんなに強く、心のいい加減さを認識したことがなかったのです。
もしかしたら、これは少しの進歩なのだろうか? 自問しました。
以前、<瞑想を始めると自分の心の汚さがよくわかる>
という話を見聞したことを、思い出しました。

ここから脱出しなくては、なんのために瞑想や信仰を続けてきたのかわかりません。
その時間を無駄にしたくないし、
おぞましさや辛さから逃れたいと思いました。
放っておけば、問題は違う形でまた自分を苦しめるにちがいない、
そう真剣に思いました。
過去の出来事を思い出し、自分の心の傾向についても考えました。
問題の『対象』は、人や物、つまり一時的なもの、移ろうものです。
自分の心も体も変化する不確実なものなのに、
追いかける対象も同じ性質なのでは、問題が起きるに決まっています。
例えば『人』に何かを求めて、得られないから苦しいし、
苦しいから怒りが湧くのです。
自分は、対象に一体なにを求めているのか?
『愛』・・・。
しかも、『変わらぬ』です。
でも、変わるから、辛くなるのです。
ならば、変わらぬ永遠のものを愛そう。
それは、真理であり、たった一つの実在です。
「サット、チット、アーナンダ」
絶対の知識、絶対の存在、絶対の至福。





b0237103_041320.jpg

[PR]
by haru-ha-akebono | 2015-04-20 00:42 | わたしは誰か?Who am I? | Comments(0)

反対のことを考える

異国にて、ある時、無意識に行っていました。
“今、ネガティブな感情が広がっていたら、
その反対のことを考える・・・。”
これは、『プラティパクシャ・バーヴァナ―』と言われる実践で、
「ヨーガスートラ」で有名なパタンジャリがそう呼んでいました。
滞在も後半、毎日がネガティブな思いに支配されていた時、
急に“反対のことを考えよう”と思いつき、トライしてみました。
大成功!!
気持ちが急速に楽に、ポジティブになっていきました。

帰国して間もなく、
インド大使館で行われている「バガヴァッド・ギーター」の勉強会に行きました。
その時、この『プラティパクシャ・バーヴァナ―』のことが話に出たのです。
以前も同じスワミジの講話でこの方法について聞いたことがありますが、
一つの技法の話、として聞いていたのです。
異国で実践してみた経験者の自分は、聖典や聖者の残したものは
やはり真実なのだと、この日痛感していました。

何か、もっと日常からかけ離れた聖典の話が高尚のように捉えている方がいます。
何年も、インド哲学やヨーガの勉強を続けてきた人に多い気がします。
(偏見かもしれませんが。)
一年に一回、少し難しいテーマのリトリートがあったとします。
私も参加したことがあります。
さて、その講話が、リトリートが終わって家に帰って、役に立っているのでしょうか?
何泊かして、集中的に瞑想に取り組んだとして、家に帰ってもずっと続けているのでしょうか?
聖典は、学んで、自分の生き方に結果として現れなければ単なる学問です。
瞑想も、毎日続けなくては意味がないのです。
数日、日常とかけ離れたことを学ぶためにお金と時間を使って、
それで終わりなら、それはリゾート、気晴らしに過ぎません。
気晴らしでも全く構わないのですが、本人は何か霊的なレベルが上がったと錯覚していると、
それはマーヤーの覆いが厚くなっていることで、目標が一層遠のいてしまいます。

すぐに実践できることから始め、徐々にそれを増やしていけば、
確実に心は清らかになり、マーヤーの束縛が薄くなっていくことでしょう。




b0237103_0103296.jpg

[PR]
by haru-ha-akebono | 2015-04-11 00:16 | 聖典を学ぶ | Comments(2)

旅の終わり

いつもインドの旅の終わりは悲しい。
飛行機に乗ると涙が出そうになるし、成田空港に到着すると
そのあまりの静けさ・・・否、インドと違うだけなんだけど、寂しくなる。

でも、3月に帰って来た南の国を発つとき、心底ほっとしました。
もう少しいたら、本当の病気になって倒れていただろうと思うと、
これで良かったのだと素直に認められたのです。
機が離陸すると心身が緩んできて、すぐに眠りました。

いつも人目に晒されている気がしていました。
だから、空港に入って誰も知った人がいなくなったら、せいせいしたのです。
昨日、別れを惜しんだ人々のことは、一時忘れました。
2か月という、短いような長いような期間にあったこと、起きたことを
脳が消化・整理するにはまだまだ時間がかかりそうでした。
成田空港に着いた時、「あ~、日本はいいなぁ!!」
とつくづく、実感・体感、回転寿司を食べたのでした。



b0237103_0275511.jpg

[PR]
by haru-ha-akebono | 2015-04-10 00:29 | わたしは誰か?Who am I? | Comments(0)

マザーのペンダント

美術の仕事のために行った異国を、
過労のために予定より一週間早く帰国することになりました。
帰る日の前日の夕方、親しくなったKさん夫妻の家に招かれました。
長いことラーマクリシュナを信仰しているインド人夫妻は、
ホームスティで疲れている私に、とても親身になってくれていました。
この国に住むインド人は南インドの人たちで、
この夕方に私がご馳走になったのは、南インドの有名な軽食のドーサでした。
呼び名も、現地(南インド)では“ドーセイ”と言います。

夫妻の家の近くにあるラーマクリシュナのお寺には、ゲストハウスがあるものの
世話をする人がいないため、使うことが出来ないのです。
それゆえに私は、ホームステイをすることになったのでした。
K夫妻の奥さん、Iは以前から私の苦境が見て分かっているかのように
親身になってくれていて、予定ではこの週から夫妻の家に滞在することになっていました。
でも、私の心身は限界に達しようとしていたのです。
ドーセイを食べ終えて紅茶を飲んでいると、
Iが私にホーリーマザーのペンダント・ヘッドを差し出しました。
コルカタの尼僧院の尼僧から貰ったというそれを、
「持って帰りなさい。日本に帰ったら身につけて」と言ってくれたのです。
「またこの国に来なさい、今度はずっと家に泊まればいい」
その優しい心使いに、思わず涙が出ました。
誤解されて悔しかったこと、滞在先で屈辱的な扱いを受けたこと。
でも絶対に泣かなかったのは、
プライドだったのか、泣いたらもう耐えていけないと思ったのか・・・。

乗ったバスが動き出しても、見送ってくれていたIとは
今も時々メールをしています。



b0237103_23522416.jpg
[PR]
by haru-ha-akebono | 2015-04-09 23:52 | ディヴァイン・マザー | Comments(0)

マザーへの旅 2

「わたしは高徳の人の母であり、
 わたしは邪悪な者の母である。
 あなたが苦痛や嘆きの中にある時はいつでも、
 自分に言いなさい 『わたしには母=マザーがいる』と 」

昼前に到着したその場所は、とても静かでした。
白いサリーを着た乙女が、わたしを案内してくれました。
ここは、門の警備員を除いて皆女性。
否、尼僧です。
事務室でしばらく待つと、オレンジのサリーの尼僧が
ゲストルームに案内してくれました。
スプリングのマットなどない板敷の小さなベッドと、
椅子と机が一つずつ。
それだけで一杯の広さの部屋と、
隣室と兼用のバスルーム。
しばらくして気づいたのが、鏡が置かれていないこと。
古びたこの小さな部屋が、すぐに大好きになりました。
「『ここから帰りたくない』ってこういうことか」
『ラーマクリシュナの福音』に、そんなMさんの言葉があったのを思い出しました。

翌日の朝、僧院ならプレジデントにあたる尼僧にダルシャンが許されました。
名前を告げると、抱擁して祝福して下さいました。
まだ、此の地での旅は始まったばかり。
「お母さん」・・・私は心の中で呟いていました。

尼僧院はストイックなイメージがありましたが、
どの尼僧もいつも笑顔で楽しそう。
どこも柔らかな空気が流れています。
朝のプージャの間、
一人の見習い尼僧が『バガヴァッド・ギーター』の詠唱をしていました。
その透き通る声が、今もわたしの魂(?)の中で響いています。

「いつでもあなたが来たい時には、またいらっしゃい」
お部屋係の尼僧に言われ、そこを後にしたのはもう昼下がり。
サイクルリキシャがバススタンドに着いた時には、夕べが近づいていました。



b0237103_1335524.jpg











 
 
[PR]
by haru-ha-akebono | 2015-04-09 01:36 | ディヴァイン・マザー | Comments(0)

マザーへの旅

その異国には、美術の仕事で行きました。
半分ボランティアです。
約7週間の滞在。
仕事が上手くいったら、移住してもいいかなと思って出掛けたのです。
しかし、1ヶ月もしないうちに心身共、かなり疲労しているのがわかりました。
一人になって休む場所がないからでした。
2か月近くをホテルに滞在するほどお金持ちではなく、
観光ビザでは部屋を借りることも出来ない。
仕事の関係の方が探してくれた家にホームスティすることになりました。
日本とは違い、その国の一般的な造りとして、
一部屋と専用のバスルームがあってそこを使わせてくれ、
食事や洗濯はメイドさんがしてくれました。
お金持ちのその家は、いつも贅沢な食物が沢山あって、
食べきれないほど出してくれるのです。
それでも他人の家。
普通に気を使っていたのに、家族の一人が私を良く思っていなかったのです。
それがわかってとてもショック、
気持ちが休まる日はありませんでした。
帰国近くなった頃には、どこにいても眠ってしまうほど、疲れ果ててしまっていたのです。

帰る日が迫った或る日、ラーマクリシュナの信者さんの家に招待されました。
わたしより若い女性Lさんは、お母さんと二人暮らし。
お母さんもラーマクリシュナの信者です。
家はフラットという、日本ならマンションの3LDK。
南インドのブラーミンだという彼女の家は、簡素ですが霊性に満ちていました。
お母さんは、2週間ほど前にあったラーマクリシュナの生誕祭で私を見て、
気に入って下さったとか。
手作りの南インドのベジタリアン料理を、振る舞って下さいました。
この国に来て、食べたこともない美味しさに、沢山食べている私を
嬉しそうに見ているそのお母さん。
 ≪お母さんはまるで、ホーリーマザーだ!≫ と思いました。
彼女は、「貴女はわかり易くていい女性だ」と言って、チャイも作ってくれました。
食後は、誰も使っていないという部屋で昼寝をするように言われました。
この国に来て、初めてほっとして、気持ちが休まる一時を過ごしたのです。
そう言えば、この家にはこの国の大抵の家にいるメイドがいませんでした。
光輝く聖所があり、あとは素朴な暮らし。
何がわたしの安らぎになっていたのか、今もわかりません。

辛かった日々だから、あったことのほとんどを忘れてしまったのに、
この日のことだけは鮮明に思い出せるのです。


b0237103_030628.jpg
[PR]
by haru-ha-akebono | 2015-04-08 00:26 | ディヴァイン・マザー | Comments(0)

聖者の教え

聖典は、学んで実践するためにあるのだとずっと思っていました。
でも、聖典やヨーガ哲学の本を読むだけで偉くなった、
充分学んだと思っている方が少なくないのを知り、違和感を覚えました。
そもそも、聖典やヨーガ哲学の本は、それを読んで実践することで
「無知」を取り除く手助けになるものであって、
読んだだけでは「無知」はなくなりません。
実践とは何も瞑想することだけではなく、
「聖者の教え」を日常生活の中で行うことなのです。
例えば、他人の悪口を言うことで「無知」という心の暗闇が増殖します。
ホーリーマザーの言われたように、他人の欠点を見ただけで不幸になるのです。
試しにやってみると、この言葉が嘘ではないことが分かります。

実践は、自分を変えるためにするのです。
つまり、「今の自分」は唯の「無知な人=エゴに満ちた人」なので、
無知=エゴを減らす努力をせねばなりません。
そのためにはどうすればいいか、が聖典には書かれています。
読んだだけだと、唯の読書なのです。




b0237103_23344590.jpg
[PR]
by haru-ha-akebono | 2015-04-07 23:37 | 聖典を学ぶ | Comments(0)

慈悲~コンパッション

「苦痛は まさに神からの贈り物です
 それは彼の慈悲のしるしだと わたしは信じます」
                 ~ホーリーマザーの言葉~

2か月間、インド以外の異国に滞在していました。
表向きは平穏な日々なのに、わたしの心の中には
あとからあとから、苦痛や惨めさが押し寄せてきていました。
『なぜ?』
毎日、ラーマクリシュナのいるお寺に行って、
その大理石の像や、ホーリーマザーの写真に話しかけていました。
『なぜこんなにも苦しい思いをわたしに与えるのですか?』
この思いを打ち明ける相手も、頼る人もいませんでした。

疲れ果てて帰国しました。
そして或る日、瞑想をし終えて気が付いたのです。
その苦痛から逃れるために、
以前よりずっと強く真剣に、ラーマクリシュナに祈っている自分に。
精神的な苦痛や惨めさは、実は自分のエゴが創り出していることに。

エゴを破壊出来るのは、アートマンである真実の自分を顕した時だけ。
その実現のために、もっと真剣にならなくては・・・。
異国での苦痛は、神からの慈悲の贈り物だったのです。



b0237103_23312965.jpg
[PR]
by haru-ha-akebono | 2015-04-06 23:32 | 祈りの言葉 | Comments(0)