はるはあけぼの ヨガDiary

haru2918.exblog.jp
ブログトップ

<   2015年 05月 ( 3 )   > この月の画像一覧

考え続けること

シュラヴァナ、マナナ、ニディディヤーサナ。
これは、グルの話(教え)を聴くーシュラヴァナ
    聴いたことを熟考するーマナナ
    瞑想してそれを考え続けるーニディディヤーサナ
という、ヴェーダーンタの修行です。

このどれもが、集中力が必要で、ということは体力が必要だということです。
わたしもそんなに体力がある方ではありませんが、集中力はあります。
これは、ひとえにハタ・ヨーガを続けてきたからだと信じています。
以前、身体が丈夫でない方が、
ハタ・ヨーガをイライラしながら行っている場面に、二度遭遇したことがあります。
思うように動かせないから、イライラするようでしたが、
動かした時の身体の痛みに向き合えないでいるように見えました。

一つのことを考え続けるには、集中力の他に、執念深さが必要だと思います。
ずっと前に、ヨーガを始める前に、心理学を学んでいたことがあります。
人の問題は、悩みがあることではなく、悩みを深く悩めないことだと
或る本に書いてありました。
深く悩めることが、人間の自己成長につながるのだそうです。
禅でも、グルから出された課題を考え続ける修行があります。
もう、考え尽くして手放した時に、答えが顕れるのです。
マナナ、ニディディヤーサナ、も同じではないでしょうか。

少しかじった聖者の言葉を、深く考えたり、自分には出来ないと悩んだりせず、
「とりあえず、そこに逃げていく」、つまりわかった気になるだけですと、
いつまでも自分の内面は成長しません。

なんでこんなことを書いているかと言うと、
悩んだ甲斐があったことが、あったからです。
悩みを持ち続けていると、どこかに答えが顕れてきます。
人の言葉、本の言葉、様々なところにあります。
答えが得られなくても考え続け、
得られた時には、悩んだことがあっという間に消失していくのです。
「そういうことだったのか」という、納得が実感として得られたら
なぜ、悩むような出来事に出逢ったかも理解できるのです。

少しずつ、階段を昇っていくしかないのがヨーガの修行です。
昇ったのに、少しまたは大分、転げ落ちて後退することもあります。
諦めないのも、集中力と執念深さです。
本を読んで頭で理解しただけでは、何も得られないのです。





b0237103_031223.jpg

[PR]
by haru-ha-akebono | 2015-05-31 00:09 | わたしは誰か?Who am I? | Comments(0)

真の謙虚さ~True Humility

もう2か月近くかかって読んでいる本があります。
ラーマクリシュナミッションで出版している物で、
英語のためにそんなにすらすら読めませんし、内容も簡単ではありません。
終章近くなった昨夜、その節の中にある一文が、
今の自分の混乱をあっさりと終わらせてくれました。

「彼が人生で避けることの出来ない両極性のものごとを、受け容れる態度
 (心構え)が、真の謙虚さである」

避けられない両極性のものごととは、
「幸運・不運、幸せ・不幸せ、愛・憎しみ、善・悪」
などです。
「彼」とは、この本では「カルマ・ヨーギ―」のことなのですが、
誰にでもあてはまることであり、また案外気が付かずにいることだと思いました。

良いことがあると、人は「自分の力で得たもの」と思います。
また、得たその瞬間はそれがずっと続くと思いこんでいます。
しかし、その良きことを失ったり、最初から不運などに見舞われると、
外部の力や他人のせいにするのが常です。
そういう思考のパターンでずっと生きてきていますから。

起きることには、また遭遇することには、そもそも善悪などないのです。
それを、両極のものに振り分けているのは、人間の心・・・・。
受け容れた時、相反する性質は消えて行き、
そしてそれを起こしている存在を身近に強く感じることとなるのです。



b0237103_2320274.jpg

[PR]
by haru-ha-akebono | 2015-05-30 14:43 | シャクティの力 | Comments(0)

反対のことを考える・その後

反対のことを考える、について2回書きました。
「その2」で、「嫌いな人のことを考えてしまう」時には、
「好きな人のことを考える」という提案をしました。
その後思ったのは、「好き」と「嫌い」はいつもセット、
コインの裏表のようなものなので、あまり効果がないかもしれない、ということです。
世俗の、「好き嫌い」は、永遠ではなく終わりがあります。
たとえ親子の愛でも、束縛があります。
兄弟姉妹も必ずしも仲がいいとは言えないこともありますし、
まして、友情や男女の愛には、永続性というものは期待できません。
好きはやがて嫌いになる、憎しみに変わることもあります。

それはなぜか、というと、これらの愛は束縛とセット、
「わたし」という「自我」から生まれる感情だからです。
「愛」というよりは、情動や所有欲、と言う方が正確です。
世俗の人の感情は、常に二元、つまり、好き・嫌い、良い・悪い、
幸・不幸、善・悪、と言った対立するものがセットになっているのです。

「反対のことを考える」ことで、考える対象は
もっと高い、永遠や真理にしましょう。
ちょっとこれが漠然とした感じなら、
あなたが好きな神様や、マントラや、聖者の言葉にします。
これをずっと続けることが、瞑想になります。


b0237103_1349201.jpg

[PR]
by haru-ha-akebono | 2015-05-30 13:36 | 聖典を学ぶ | Comments(0)