はるはあけぼの ヨガDiary

haru2918.exblog.jp
ブログトップ

<   2015年 07月 ( 1 )   > この月の画像一覧

帰る場所

今年も、「アンジャリ」・・・
在日ベンガルの方たちの主催するドゥルガー・プージャで、
参加者に配られる雑誌に載せていただく、旅行記を書きました。
雑誌の編集人は、友人のMさん一家。
Mさんはベンガル・・・東インドの人で、日本に来て10年以上たち、
日本語がとても達者な女性です。
一昨年、頼まれてこの雑誌のために旅行記を書いて以来、今回で3回目となりました。
以前、3ヶ月ほど滞在したインド・リシケシの思い出を何か書いて、
と言われていたのですが、いざ書き出すと、今年の年明けに行ったコルカタの
サーラダマトのことを、無性に書きたくなりました。

サーラダマトは、ラーマクリシュナの霊性の伴侶である、
ホーリーマザーをまつる尼僧院です。
ラーマクリシュナが住んでいたドッキネッショルの近く、
サイクルリキシャでわずか10分ほどの住宅街にあります。
ここには1泊2日の滞在を、日を開けて2回しました。
一度行くと、もう帰りたくない、そんな気持ちになる場所で、
何がそのようにさせるのか、いまだわかりません。
広い敷地の中央に、ベルルマトを小さくした同じ形の寺院があって、
周囲には花が沢山咲いていました。
尼僧が住む棟や、事務室、小さなゲストハウスが点在しています。
ゲストルームは、これ以上簡素にはならないと思うほど質素で小さいのですが、
ここに入ると、すべての重荷を下した気持ちになりました。

ここの滞在記を書くうちに、
わたしの胸を去来するものがありました。
ここを訪問して滞在するように勧めてくれた人のことが、
自然と思い出されました。
主に滞在していたベルルマトはガンガーを挟んで対岸にあるため、
このサーラダマトは訪問するだけでいいと言ったわたしに、
是非泊まるよう言ってくださって、その通りにして良かったと思ったのです。

3ページにわたる文章を書き終わると、この旅のあとにあった
長い間の苦しい気持ちが、洗い流されていることに気づきました。
また、霊性の修行をするには、わたしは自分の思いに執着が強すぎるのではないか?
そんな疑問が湧いていました。
最初に一人リシケシを訪れた頃は、インド哲学を学ぶことが面白く、
また、様々な誘導瞑想なども興味があって、何でも吸収していたのです。
それが、霊性の道を進むことだと思っていました。
でも、今は本の知識や技法ではなく、何か大事なものを感じ始めているのです。



b0237103_23473662.jpg

[PR]
by haru-ha-akebono | 2015-07-30 23:53 | ディヴァイン・マザー | Comments(0)