はるはあけぼの ヨガDiary

haru2918.exblog.jp
ブログトップ

アートを通して見える世界

『人は他者を愛さねばならない
 なぜなら、その人々は彼自身だからだ
 (この世界には)一者のみが存在する』 ・・・スワミ・ヴィヴェーカーナンダ


先日、今年わたしにとって2回目になる、保育園での美術のお手伝いに行きました。
この日は年中さんクラスで≪色で遊ぶ絵本≫を創りました。
この絵本は、昨年、この保育園の美術を担当する先生のアトリエで、
わたしも含めた「美術を人に教えている人たち」のクラスでも、
一つのカリキュラムとして行いました。

保育園では、基本は3枚の紙に、
絵具と様々な用具を使って自分の世界を展開しました。
最終的に、製本までします。
本になると、他の作品よりも一層達成感がありますし、
手元に置いて何度でも見ることが出来るので、楽しいのです。
約2時間、この日も制作過程で、子供たちの行為や行動は刻々と変化しました。
子供には子供の思いがあり、
それを大人はどう受け止めるのか・・・・。
真剣でないと、子供の言動を見逃してしまうと思いました。

昼食をはさんで、この日の美術に関わった先生ー
美術担当と担任の3人ーで「振り返り」をしました。
大人が積んできた経験が、子供を理解するためにいかに邪魔をしているかが
しっかり実感出来た日でした。
この前の週の「振り返り」では、担任の先生が、
『問題があるのは子供たちじゃなく、わたしたちじゃないかと、ある時
 気が付いたのです』
とおしゃったのですが、
こういう思いに至るのは、なかなか大変だったのではないかと感じました。

子供との関わりを、深くとらえていくこの保育園は、
3月に、根津のギャラリーで子供たちの作品展を開催します。
正確には、わたしの先生でもあるこの保育園の美術担当の先生が主催者ですが、
美術を中心にするのではなく、美術の時間を持つことで、
子供たちの、日常の保育園や家庭での生活がどう変化していっているかを
お知らせする展覧会になるようです。

さて、冒頭にスワミ・ヴィヴェーカーナンダの言葉を載せたのは、
この保育園に行った2日後の朝、≪保育園の現状≫をテーマにしたTV番組を
国営放送で観て、ひどく驚いたからです。
「関わり」などよりはるか以前の、
子供たちの生命が危機にさらされている保育の現場の話に、
その格差に、同じ国の同じ時代の出来事なの?と背筋が寒くなりました。
「保育士ばかりが悪いのではなく、親や子供も反省すべき。
 家庭のしつけがなっていない。」という保育士さんの発言もありました。
先ほどの園の先生とは全く逆の考えです。

2日前に行った保育園の園長先生は、以前わたしに、
「保育園で給食やおやつを出すのは、昔は家庭で食べられない子がいたからなの。
 今はそんなことはほとんどありませんが。」
とお話ししてくださったことがありました。
保育園が、経済的に大変な家庭のサポート的な役割だった時代もあったのです。
しかし、TVで話される現状は、なんのための保育園なのだろうと、
経済的には発展を遂げてきた日本の社会のひずみを表しています。
これは介護の現場にも当てはまることでしょう。

「問題は、先生であるわたしたちのほうにあるのかな」
と、先生方に限らず、どの人も、そう思えたら、
スワミジーの言葉を実現できることになります。

★保育園の「表現者たち」展の詳しいお知らせはこちらから

b0237103_18241458.jpg
    コルカタにある、ニヴェディッタ・スクールに飾られらたスワミジーの写真

★21日(日) 日本ヴェーダーンタ協会にて、スワミ・ヴィヴェーカーナンダ生誕祭が
 行われます。詳細はこちらから


















[PR]
# by haru-ha-akebono | 2016-02-18 18:32 | わたしは誰か?Who am I? | Comments(2)

歩きつづけること

ハタ・ヨーガ(肉体を使うヨーガ)を始めた時から、
憧れの人だったヨーガの大先輩であるマキ・ユングハイムさんが、
昨年12月に、杉並区高円寺にあるシヴァナンダ・ヨーガ・ヴェーダーンタ・センター
で行ったワークショップの様子を、シャンティ・ヨガ・クラブのホームページ
アップしています。(シャンティ通信19)

テーマは、「プラーナ―ヤーマ」で、実習もあったのでしょうが、
ホームページにはマキ先生が話されたことが、講話として載せられています。
肉体を使うヨーガは、このご時世で、多くが身体のシェイプアップや調整、
また美容目的になっていますが、本来はそうではありません。
肉体をアーサナ(ヨーガのポーズ)で整える、
毒素を排出させることで、長い時間瞑想に坐れる身体を作ります。
瞑想をすることにより、大宇宙と小宇宙(これは自分)を合一することが
ヨーガの真の目的なのです。
合一したその時、人間として生まれてきた意味がわかるのです。

マキ先生はインドに昔(およそ5000年前)から伝わる
ラージャ・ヨーガやヴェーダーンタを一筋に伝え、
ご自分の生き方や生活もその教えを実践されている、数少ない人の一人です。

この講話の中で心惹かれたのは、
マキ先生がヨーガの修行の中で出会った
リシケシのシヴァナンダ・アシュラムのスワミジたちの逸話です。
スーパースターみたいだったチダ―ナンダジ。
グルディブ・スワミ・シヴァナンダジの
「求道者は質素、控え目、気高い生活をしなさい」、
クリシュナナンダジの、
「自分は肉体ではないことを理解してアーサナを行いなさい」
といったお言葉。
わかり易い言葉でありながら、
私たちがいつもいる日常世界には、ない言葉ではありませんか?
難しくないのに、心が清々しい次元にワープしました。
グルディブがおっしゃる「求道者」とは、
なにもお坊さんだけのことではありません。
ヨーガをするということは、何かを求め歩き続けること、
ヨーガをする人は皆「求道者」なのです。


b0237103_15280408.jpg
 右から、チダ―ナンダジ、グルディブ・シヴァナンダジ、クリシュナナンダジ
 リシケシのシヴァナンダ・アシュラムのダイニング・ホールには、このお三方のお
 写真が掲げられています。





[PR]
# by haru-ha-akebono | 2016-02-11 15:38 | インテグラル・ヨーガ | Comments(0)

目的に達するまで立ち止まるな!

『スワミ・ヴィヴェーカーナンダの生涯・1』を読んでいます。
インドはコルカタにある、ラーマクリシュナ・ミッション・ベルルマトの
書店で買った、東西の弟子による全2巻の本です。
英語版のそれは1冊が結構厚くて、買う時にまず思ったのが、
「果たして自分はこれを読むのか?」
次に、
「重くて2冊は持って帰れそうもない。スーツケースに入るか?
 他にも本を買ったから、荷物重量が超過するのではないか?」
ということでした。
最初、1巻だけを持ってレジスターに行くと、会計をしている
ブラマチャリ(お坊さんになるために修行しているまだ僧侶ではない若者)が、
「2巻目は買わなくていいのか?」
と聞いてきました。
内心は迷いながらも、はっきりとうなずきました。
2は、また来た時に買うことにしようと思ったのです。
しかし、翌日、再び書店に行って2巻目を買いました。
今は、買ってきて良かったと思います。
インド出国後、別な国に立ち寄って本は増え続けましたが、
幸い、荷物は重量オーバーにはならず、スーツケースではないもう一つの布袋に
入れて航空機に預けたのですが、無事到着しました。

その旅から帰ってもうじき1年になるのですが、
最近まで棚に置かれたままだったその本を先日読みだしました。
そうしたら、とても面白くて、辞書を引きながらですが、
どんどん読みたくなるのです。
日本支部から、日本語のスワミジーの生涯の本は出ていますが、
今一つ読み進めず、真ん中あたりで止まってもう何年か経ちます。
幾度も読もうと挑戦しましたが、いつもすぐ投げ出してしまうのでした。
この違いは何だろう?
内容は、もちろん2巻ある英語版は詳しいですが、
違うことが書いてあるわけではありません。
しかし、その書かれていることの背後にある何かが、
日本語バージョンには欠けているように思うのです。

「厚いから」という理由で遠ざけていた本を開いたのは、
これを読むよう勧めて下さった方への篤い尊敬の気持ちからです。
人が前に一歩進むには、教師が必要です。
では本の主役であるスワミ・ヴィヴェーカーナンダは、
読み終わった時に、一体何を教え与えててくれるでしょうか。





b0237103_18340528.jpg
      ドッキネッショルの近くにある、スワミジーの像。
      カメラの日付設定の間違いで、日にちは大幅に違っています。
   











[PR]
# by haru-ha-akebono | 2016-02-09 18:38 | 聖典を学ぶ | Comments(0)

人生の美

1月の最後の日は、スワミ・ヴィヴェーカーナンダの誕生日でした。
インドでは、陰暦で日を決めるので、毎年生誕の日が変わります。
昨年は、恵まれたことに、ラーマクリシュナミッションの本部である
コルカタのベルル・マトで、スワミジ―の生誕祭に参加することが出来たのです。
朝早くから(4時30分くらいから)、スワミジーの寺院やお部屋で
マンガラム・アラティや、バジャンを歌う催しが行われました。
一日中、何かしらのプログラムがあって、
夕方から午後8時30分くらいまで、スワミジーの寺院の前でバジャンを歌う
催しがありました。メイン・テンプルでのアラティは人が多くて
中に入れず、外の庭園に設えられたモニターで儀式を見たのち、
バジャンを歌う集団の中に坐ることが出来たのです。
ロシアからいらしてたセンター長のスワミジに、「お仕舞まで歌っていきなさい」
と言われ、そうしたのですが、一昨日、そのことを懐かしく思い出しました。

その、一昨日は、逗子にある日本支部のヴェーダーンタ協会で、
スワミジー生誕を祝うマンガラム・アラティがあり、参加しました。
朝6時からのアラティの後、「霊性の師たちの生涯」を輪読し、
シバの化身という意味の「ムルタ・マヘシュヴァラ」を皆で歌いました。
皆と言っても、朝早いですから、参加者は4人と協会長のスワミジだけでしたが。
スワミジーのお寺にある、スワミジーが瞑想する姿のレリーフが目に何度も
浮かび、幸せな気持ちで朝の瞑想の時間を過ごすことが出来ました。

スワミジーがシバの化身と言われる所以は、
協会から出版されている「スワミ・ヴィヴェーカーナンダの生涯」に
簡単に書かれています。

スワミジーの講演集、有名なヨーガ・ジリーズの4冊の本に出逢わなかったら、
今のわたしはありません。
最初に読んだ「カルマ・ヨーガ」の何が私を惹きつけたのか・・・。
いまだにわかりませんが、もう何度も読み、その都度感動するのですが、
理解はとても難しいです。
でも、「こんなにすごい人が世の中に存在していたのか!?」
という、初めの感動と驚きは、今もわたしの中で形を変えて続いています。

『失敗を気にするな。それは自然なことだ。
 失敗ーそれは人生の美だ。失敗のない人生などありえない。
 もがき苦しむことがなければ人生に意味はない。・・・
 これらの失敗や小さな後退を気にするな。千回でも理想を掲げよ。
 そしてもし千回失敗したら、さらにもう一度チャレンジせよ』


b0237103_17401995.jpg
  日本ヴェーダーンタ協会での、スワミ・ヴィヴェーカーナンダ生誕祭は
  2月21日(日)10:30A.M.からです。詳細はこちらから。





[PR]
# by haru-ha-akebono | 2016-02-02 17:46 | 祈りの言葉 | Comments(2)

もしあなたが平安をのぞむなら

「我が子よ、もしあなたが平安をのぞむなら、人の欠点を探さないことです。
 自分自身の欠点を探しなさい。
 世界はあなた自身であることを学びなさい。」
                  ホーリーマザー・サラダ・ディヴィ
 
新年の第1日目の今日は、マザーの生誕祭です。




b0237103_22255221.jpg















[PR]
# by haru-ha-akebono | 2016-01-01 00:46 | ディヴァイン・マザー | Comments(0)