はるはあけぼの ヨガDiary

haru2918.exblog.jp
ブログトップ

水曜日はクリシュナの日 シュリ・クリシュナ・ゴービンダ

キールタンとは、インド版の賛美歌。
神様の名前を繰り返して歌い、神への愛や繁栄を願うのです。
ハルモニュウムと言う名の、アコーディオンとオルガンを合体させたような鍵盤楽器や、
ドーラクと言う横長の太鼓を演奏しながら歌います。
歌い方は、リードする人一人が一節を歌い、同じ所をもう一度、他の参加者が歌います。
歌う人によって、微妙にメロディやリズムが違っていて良いので、同じ歌詞でも、違うメロディという
ことは度々あります。

リシケシのシヴァナンダ・アシュラムでは、毎日夕方、グルディブ・シヴァナンダ・ジの住まいだった
≪グルディブ・クティール≫で、キールタンを歌う会がおこなわれます。
時間は、約40分ほど。
アシュラムに滞在する人も、していない人も、インド人も外国人も、自由に参加出来ます。
この場を仕切るスワミ・ジの指名した人が、自分の歌いたいキールタンを歌い、
その場にいる人たちは、リードの人が一節歌うと、同じ歌詞を続いて歌います。
クティールに入る時に配られる「キールタン・ブック」を見て、少しくらい調子が合わなくても、歌う。

「心をこめて、神様への信愛をこめて歌うことが大切」と、グルディブは言いました。
キールタンを歌うことは≪バクティ・ヨーガ 神様への信愛のヨーガ≫とされ、
歌う者の心や魂は浄化されるのです。

今日、水曜はシュリ・クリシュナの日。
シヴァナンダ・アシュラムは曜日で歌う神様が決まっているのです。 
グルディブ・クティールの一番奥の小さな部屋の祭壇には、いつもシュリ・クリシュナの写真が飾られ
キールタンの会が終わると、全員でそこに御参りをします。


b0237103_17455.jpg

[PR]
by haru-ha-akebono | 2011-11-30 01:10 | キールタン | Comments(0)