はるはあけぼの ヨガDiary

haru2918.exblog.jp
ブログトップ

世界はなんて美しい!!

さっき、「シュリ・サウンダリャ・ラハリ」を読んでいました。
ヴェーダーンタを確立したアディ・シュリ・シャンカラーチャーリャが、
タントラ思想のシャクティを礼拝し著した数々のマントラです。
解説はスワミ・サテャーサンガナンダ・ジ。
意識は不活発な性質で、どんな小さな振動さえも起こすことが出来ない、
シャクティの力なくしては動かない、と書かれています。
この宇宙を創造し、維持し、破壊する、ブラフマ・ヴィシュヌ・シヴァの働きさえも、
シャクティが活動の用意をしなくては起こらないと説かれているのです。
その考えを受け容れるのは、簡単かもしれません。
でも、実感は???
ヨーガ・アーサナをする時に、体を流れるエネルギーを「シャクティ」と思えば思える。
でも、確信は・・・?


b0237103_1843688.jpg



昨年、腕を骨折して、しばらく様々な活動が出来なくなりました。
家にいることが多くなり、その時、一つのバジャンを訳したのです。
「シュリ・シャンカラーチャーリャのニルヴァーナへの6つの段階」、という題名の歌です。
これはヴェーダーンタの思想=不二一元論、「私は〇〇ではない」と歌い、
6節目は自由への解放へ至るというものです。
最後の節の訳に、おおいにこだわりました。
ここでは意識のことを、全てに広がり浸透している、と歌っています。
「全てに」って、まさに全てだけれど。
限定はないはず。
想像すると美しい。
でも、言葉にするのは難しい。

怪我が、日々快復に向かっているのは感じられました。
この治す力もシャクティなんだろうな、と思っていた或る日。
買い物に出て歩いている時、突然、目の前のあらゆるものに浸透しているものが見えたのです。
それは、人間も動物も木も葉も雲も、全てのものの命を動かしている、シャクティの力。
シャンカラーの歌では、「意識」でしたが。

あらゆる動くものの中にきらめいて見える、力・・・。
この世界は、なんて美しいんだろう!!
ゆらゆら、動いている。きらきら、光っている。
それが全てを動かしている。
全ての、源。源泉。いのち。
シャクティは、いつもそこにあったのですが、それまでは見えなかっただけなのです。


b0237103_18151959.jpg

[PR]
by haru-ha-akebono | 2012-01-24 18:20 | シャクティの力