人気ブログランキング |

はるはあけぼの ヨガDiary

haru2918.exblog.jp
ブログトップ

❤愛 を く だ さ い❤

わたしの周囲に「人を助けたい」と言って、セラピーに属する仕事を始めた人がいました。
その人は寝食なげうって、その仕事に懸けたのです。
穏やかそうに見えた外見とは裏腹な、彼女の攻撃的な言動の風評が聞こえてくるようになりました。
熱心なあまり、同業の人たちと噛み合わなくなっっていったのです。
暴走は続き、ついに周囲と相次ぐ衝突、孤立。

人助けに属する仕事やボランティアをする人の中には、
対象の相手の境遇(障害や高齢や貧困など)に、自分を投影する人が多いようです。
相手が他者の助けを必要としているから自分は助けよう、とするのではなく、
相手の不幸と思える状態(それはこちらが勝手に解釈しているのですが)に、
自分の充たされない気持ちや境遇を重ね合わせて、
自分が人からして貰いたいことを、他者にしてあげたい、助けたいと思うのです。
でも、その気持ちは無意識なのです。
自分の充たされない気持ちが意識出来ていたら、他者への投影は起きないでしょう。
ですから、何らかの障害を持つ他者と自分との境界が曖昧で、
相手の気持ちや要求と自分の気持ちがごっちゃになっています。
その曖昧な混乱状態が、様々な問題を引き起こしていくのです。


b0237103_0432223.jpg



自分は良いことをしているのだから、それに意見を言う人は悪人・・・・、
そこまではいかないにしても、
「自分の善行や不幸な人を理解出来ない情けのない人」
と、周囲の人との間に溝を作っていくのでしょう。

私がロジャースの心理療法を学んでいた時、
「人助けをしようとする人の気持ちの中には、相手に対する優越感が潜んでいる場合がある」
と言う言葉を、書物で読んだことがあります。
優越感の反対は劣等感です。
「人助け」をして優越感を感じることは、劣等感のなせる業とも言えます。
助ける相手に何かをする、または与えることで、自分の劣等感を解消・・・。
つまり相手より優位に立てた、と思うことで自分を救済しているのです。

自分がして欲しいことを、他人に行うことで自分を助けている。
本当は、自分が他者からの救済や愛が欲しいのに・・・・。
それを、なぜこんなややこしいことにしているのか?
もしかして、愛を貰いたいのは、他人ではなく肉親・配偶者・家族なのかもしれません。
それを素直に認めることが出来ないのは、
愛を乞うて拒否された経験が、記憶の奥底に沈められているからなのではないかしら。
「もう二度と拒否されたくない!!」
そんな叫びが聞こえてきそうです。



b0237103_0453892.jpg
















  「人を助ける」って、とても難しいことだと思います。
  助けを必要としている相手は、「可哀想な自分の分身」ではないことをしっかり自覚することが大事。
  その上で、相手が今何を必要としているのかを、冷静に見極めなくてはなりません。
  情に流されて何かをしても相手は喜ばないこと、相手のためにはならないことを分っていること。
  必要な行為が終わったら、そこに執着しないことも心がけなくてはなりません。
  行為の結果にも、それ以上の思い入れにも、です。
  いつも、温かい気持ちと、冷えた気持ちの両方が必要なのです。
by haru-ha-akebono | 2012-03-31 00:53 | わたしは誰か?Who am I?