人気ブログランキング |

はるはあけぼの ヨガDiary

haru2918.exblog.jp
ブログトップ

バガヴァッド・ギーターを学ぶ

桜があっと言う間に開花しました。
昨日、九段下のインド大使館で行われた日本ヴェーダーンタ協会の東京例会に行って来ました。
ここでは、ずっと「シュリマッド・バガヴァッド・ギーター」の勉強が続けられています。
先生は、ヴェーダーンタ協会のスワミ・メダサーナンダ・ジです。
怪我以来、半年ほど来ていなかったので、その間に第18章(最終章)まで終わり、
初めに戻って、昨日は第2章からでした。
「サンキャ・ヨーガ=知識のヨーガ」です。
わたしには、「肉体は死んでも魂は死なない」が印象的な章なのですが、
スワミ・ジは、アルジュナが戦いに参加することを拒んでいる戦争は、
「ダルマ・ユッダ」という道徳的な戦争であることを詳しく解説されました。
様々な決まりごとがあり、今の戦争やテロとはまったく違うのだそうです。
サンキャを含めた6派哲学についての話もありました。
「バガヴァッド・ギーター」の日本語訳本は沢山あって、
わたしも何度か読みましたが、スワミ・ジから受ける解説があると
その世界がずっと広がっていきます。
日本人の自分が想像しているのと違って、リアリティが感じられてくるのです。
昨日は特にそれを実感しました。

b0237103_1105236.jpg


リシケシでも、スワミ・ヴィシュワルーパナンダ・ジから
お願いして第2章の講義を受けたことがあるのですが、
スワミ・ジはハタ・ヨーギらしい解説なのが、今本を見るとわかります。
それぞれ切り口が違っているのが面白いです。

せっかく第2章ですから、続けて受けようと新年度の決意をしました。

b0237103_1113155.jpg


大使館に来る時、花見の人たちで道路は満員。
それでも、講義の後知人と、インド大使館の中庭で行われている「桜フェスティバス」の
インド舞踊を観たり、千鳥ヶ淵や靖国神社を歩いてお花見をしました。

b0237103_1115940.jpg

北風が強くて寒かった!!

b0237103_1122432.jpg
               靖国神社の石灯篭。中に明かりが灯っていてきれいでした。
by haru-ha-akebono | 2012-04-08 23:50 | 聖典を学ぶ