人気ブログランキング |

はるはあけぼの ヨガDiary

haru2918.exblog.jp
ブログトップ

週末だけののランチ

昨日、友人が週末だけランチを作って出しているという店に、連れて行ってくれた。
週末だけなので、店は間借り。
とっても美しい創作野菜料理で、主食はご飯。
昨日は桜入りの「桜ご飯」でした。
ローフードを取り入れていて、最初に果実→サラダが出た。
果実は今の季節にぴったりの梨。
その後に、野菜のポタージュが出て、お料理、ご飯、デザートとお茶。
お茶は有機農法の日本茶や紅茶が選べる。
デザートも凝ったもので、あまり砂糖や乳製品などは使っていない模様。
店は女性ばかりだったが、とても静かで、友人とは心行くまで話しが出来た。
値段はとても良心的。
お茶のことは、料理を作る方が、丁寧に説明してくれた。
日本のダージリンみたいな場所で作られているお茶の数々。

帰り道、料理は作り手の精神状態が反映されると思った。
以前マクロビオテックの本を見ながら料理を作っていた頃、
周囲の誰かが(誰か忘れた)言ったことは、
「その人の手から出ているエネルギーが料理の美味しさを決める」。
作る人の精神状態が落ち着いていないと、美味しい料理は作れない。
それに、お店に行った時に、店の人の気持ちが荒々しくなっているとこちらにはすぐに伝わるもの。
そして、食事を提供するということは、作り手が前に出て行くことではないということ。
作り手が自分を売り出すことではない。
何でもそうだ。
主役は何なんだか、考えることは大事だと思う。
何でも鳴り物入りみたいなことが多い今、この週末レストランは貴重な存在に思えた。


料理がきれいで美味しくて、写真に撮るのを忘れた。
下の写真は、リシケシのシヴァナンダ・アシュラムのランチ。
b0237103_0414396.jpg

by haru-ha-akebono | 2012-09-16 00:46 | アートの時間