はるはあけぼの ヨガDiary

haru2918.exblog.jp
ブログトップ

「瞑想と霊性の生活」~ナマステ・インディアで

一昨日、代々木公園で行われた「ナマステ・インディア」に行きました。
おそらく、行ったのは初めて・・・。
すごい人!!でした。
野外ステージでインド舞踊が行われていましたが、
あまりの混雑に見ることは叶わず。
インドの洋服や雑貨、食べ物を販売するテントで公園内は一杯です。
日本ヴェーダーンタ協会の本やCDを販売する“ガンガ・ブック・CDショップ”を探して入りました。
この日は本が10パーセントオフで、「瞑想と霊性の生活」という本を買いました。
以前、リシケシに行く前に、ヨーガ塾シュリチャクラの抱一先生に勧められて買ったのですが、
リシケシに持って行って読み、帰りに荷物が多くなってゲストハウスに置いてきてしまいました。
もう一度読みたいと、この頃思っていたのです。
その時は、まだ生活に瞑想が馴染んではいませんでした。
よく眠くなっていました。
でも、あきらめずに続け、今は瞑想は生活になくてはならなものになっています。

家で自分でする瞑想は、決まっています。
形と色をイメージして集中する、五大要素の浄化という技法です。
イメージすることは難しい時と、そうではない時とがありますが、
窮屈に義務のようにはしないことが、大切です。
イマジネーション→インスピレーション→イントゥイション。
この段階が発展していきます。
瞑想で得られるインスピレーションは、日常生活では得られないものです。

b0237103_1231818.jpg

ヨーガをする人は、大体は初めはアーサナ(ポーズ)から入ります。
アーサナは健康や美容のためではなく(それは付いてくるオマケ)、
瞑想をするための身体つくり、精妙体に入るための準備です。
騒がしい身体や心では、長く座っていることは出来ませんから。

何か集中する対象は必要です。
そうでないと、自分の雑念を観察するだけで終わってしまいますし、
悪くすると、それに取り込まれてしまうからです。
対象は、美しいもの、高貴なもの、神聖なもの、などです。
心は様々な想念で混乱していますから、強い力のある美しさや清らかさに集中することで、
それを浄化していくことが出来ます。
なぜ瞑想をする必要があるのか?
自分の内にしかない、真の幸せに気づくためです。

本と一緒に、スワミ・ヴィベーカーナンダの写真を1枚買いました。
[PR]
by haru-ha-akebono | 2012-09-24 01:25 | わたしは誰か?Who am I?