はるはあけぼの ヨガDiary

haru2918.exblog.jp
ブログトップ

最高を目指すにはガイドが必要です

スワミ・ヤティシュワラーナンダ著 「瞑想と霊性の生活1」という本を読んでいます。
この本は、4年前の1月にリシケシ行くことになっている私に、
当時通っていたヨーガ教室の先生が、読んでから出掛けるようにと勧めてくれたものです。
もう1冊勧めてくださった「永遠の伴侶」と共に、急いで注文して読みましたが、
出発前に読み終えることが出来ず、2冊とも持って出掛けました。
リシケシには3ヶ月滞在したので、もちろん読み終えたのですが、
何が書いてあるのかよく分からなかったのだと、今読んでいて分かりました。
その時は、字面を追っていたのです。

しかし、当時とても印象に残ったのは
『高次の偶像を崇拝するのでなく、血の通った肉体を持つ偶像を崇拝してしまうこと』
の問題を書いたところでした。
“人間の偶像には高い理想は見出せない”
その時の自分は、そうなりかけていたところもありました。
今、やはり男女の形をとった偶像を崇拝する方々が、ヨーガ関係の集まりに行くと、必ず見かけられます。
沢山のエゴを持った人間であるヨーガの先生の足にタッチしたり、
その人が信じるグルとその人を同一視して、崇拝したりするのです。
それがなぜ良くないかと言うと、
エゴを持つ人間を崇拝することは、私たちを愛憎の執着劇に縛り付けるからです。
本来、魂の解放を目指している、ヨーガや霊性の修行の場で、
束縛が起きるのでは何もなりません。
そういうことが起きるのは、本当に霊的に高い崇高なものに触れる機会がないからでしょうか。
最高の存在を見たら(感じたら)、そうでないものは見分けがつくようになります。
また、手近な存在に自分を依存させてしまう、自分の安易さや怠惰さに気づかねばなりません。
お手軽には、いつも危険が伴うものです。

b0237103_016816.jpg


この本は、霊性の世界の最高のことについて、ガイドをしてくれています。
これを読んだら、ヨーガの目的が少し変わるかもしれません。
最高のものは、実は自分の内奥にあるのだと、次第に気づくことになります。

さてこの本は、実は2冊目。
リシケシを発つ時は、向こうで買った本や何やかやで、
スーツケースは一杯になり、ゲストハウスの本棚に置いてきたのです。
「永遠の伴侶」も買って、もう一度読んでみなくては・・・・。
スワミ・プラバーヴァナンダが書かれたこの本は、
まさに『求道者の「永遠の伴侶」だ』と、宣伝コピーに書かれています。

b0237103_0195126.jpg

[PR]
by haru-ha-akebono | 2013-03-27 00:22 | 聖典を学ぶ | Comments(0)