はるはあけぼの ヨガDiary

haru2918.exblog.jp
ブログトップ

クリシュナ生誕祭

今度の日曜日、日本ヴェーダーンタ協会では「クリシュナ生誕祭」が行われます。
クリシュナはヴィシュヌ神の第8番目の化身と言われ、
「シュリーマッド・バガヴァッド・ギーター」に登場する神様です。
ポスターや絵葉書では、恋人ラーダと一緒に描かれていることが多いのですが、
先日インド大使館で行われた東京例会(バガヴァッド・ギーターの講義)で、
スワミ・メーダサーナンダ・ジから、
『クリシュナは一人で寂しいから、遊ぶためにラーダを創った』と伺って、
驚きました。
インドの神様は、ユーモラスだったりダイナミックな行動を摂ったりします。

b0237103_2316567.jpg


クリシュナは8月生まれ・・・5年前にリシケシに行った時、
クリシュナ生誕祭に遭遇しました。
シヴァナンダ・アシュラムのガンジス河対岸には、クリシュナを祭ったお寺があり、
朝からクリシュナの讃歌が聞こえていました。
シヴァナンダ・アシュラムでも、
午前中に女性が集まってクリシュナのキールタンを歌い続けました。
夜は、生誕祭です。やはりずっとキールタンを歌い続け、
深夜12時になると、鐘を鳴らして終わり。
キールタンを歌っている間、聖所の奥に祀られたクリシュナの像にかけたミルクや蜂蜜や、
お供えしたバナナなど果実を混ぜ合わせたヨーグルト状の物を、
食堂でプラサードとしていただきました。

翌日、シヴァナンダ・アシュラムの近くにあるマドヴァーン・アシュラムの生誕祭に行きました。
こちらはまるで遊園地のような飾りつけと大騒ぎ。
エレクトリック・ギターのバンド演奏もあったのです。
飾られた神様も、きらびやかでやはりとってもユーモラスに感じられました。

b0237103_23163949.jpg
 マドヴァーン・シュラムの入口
[PR]
by haru-ha-akebono | 2013-08-14 23:21 | 祈りの言葉 | Comments(0)