はるはあけぼの ヨガDiary

haru2918.exblog.jp
ブログトップ

普通の祈り

未だかつてない暑さとなった、この夏。
いつまで夏が続くかとおもうほど、長かった暑さ。
やっと涼しくなったと思うと、急速に冬に向かっているらしい。

足掛け15年、友永ヨーガ学院指導者養成コースを4月の終わりに終了しました。
卒業しないまま、ヨーガを教え始め、
時折中途半端にした養成コースを後悔していました。
上手く教えられない、生徒さんに十分な指導をしていない、そんな未消化な気持ちが起こると、
けじめをつけなかった自分を後ろめたく思ったのです。
そんな中、腰痛が起こって、学院のワークショップに参加。
そこから、再び、復学の機会を頂きました。
縁あって、と言えば一言です。
しかし、復学して程なく、経験したことのない体調不良に見舞われました。
でも、もうここで止める訳にはいかない、自分の出来ることを精一杯するしかないと、
休み休み、最後の最終実習に漕ぎつけました。

こんなことが人生に起こるか?という体験はどなたにもあるでしょう。
先には何があるかわからないものです。

数年前にイニシエーションを受けました。
その後から、大変なことが多々起きる気がします。
否、その前も大変なことはありました。
でも、イニシエーションの後は、大きな存在から試されているなあ、と思うのです。
「チャレンジ」
目の前の障害物を乗り越えられるか?と問われている気がします。
毎日が平坦だと、人は努力と言うものをしなくなるので、結果、あまり成長しないと
いつも、聖典の講話会で聞いています。
成長しているのだろうか?
無駄に辛い目に遭っていたら、勿体無いですから、少しでも成長していこうと思います。





b0237103_15571309.jpg






[PR]
by haru-ha-akebono | 2018-10-18 15:57 | シャクティの力