人気ブログランキング |

はるはあけぼの ヨガDiary

haru2918.exblog.jp
ブログトップ

<   2012年 09月 ( 13 )   > この月の画像一覧

わたしは目撃者~I am Witness

体の使い方のワークショップを行って気がついたことがある。
いつも体を動かしているからと言って、必ずしも理解が早いとは限らないということ。
ヨーガを始めたばかりとか、普段何もやっていない人の方が素直に体を変えることが出来た。

人間は、心や体の使い方に癖がある。
それが仮面のように硬く張り付いてしまうと、他人の言い分を簡単には受け入れない。
相手がプロのボディワーカーでもだ。
行いや言うこともパターンが出来ていて、自動的に何かをしたり言ったりしている。
今ここで、本当に感じたり思ったことを言うのではなく、紋切り型。
仮想の現実を生きていると言っても大げさではない。
もう何十年もかけて身に付いた、反応の仕方・愛想笑い・喋ることがら。
言われた方がそれに気が付くと、すごくちぐはぐな感じをもつだろう。
しかし、受ける方にもパターンがあると、もう劇を演じてるようで、全くリアルな『生~ライフ』はない。

わたしのヨーガ教室では、アーサナ(ポーズ)をしている時に、
その身体感覚に意識を向けてもらう。
動かしながら、変化し続ける肉体感覚を、眺めるのだ。
動きを止めてポーズを維持する(じっとしている)時も、
ポーズを解いて緩めた時も、
体は変化をつづける。
それを、ずっと眺めるのだ。
唯あるがまま、起こるがままを眺める。
硬くてよく動かなくても、それはそれ、いいとか悪いとか審判せずに眺める。
ずっと集中して眺められなくても、
「ヨーガクラスが終わったら、昼は何を食べようかな?」とふと思っても、
それに気づいて、また体を眺めればいい。

これが発展していけば、ヨーガアーサナをしていない時も、
自分の体や心を対象物として眺めることができるようになる。
わたしの本質は、『目撃者』なのだ。
そうすれば、仮面をつけている自分の体や心に気がつくことが出来るだろう。
いつも目撃者でいられたら、
いつも新しい体と心が生まれて来ることに気がつくだろう。
そこには、リアルな『生~ライフ』があるはず。

そして、こうして眺められている体は、眺めないでアーサナをするより、
とっても早く快適に元気になれるから、不思議。

b0237103_555378.jpg

by haru-ha-akebono | 2012-09-03 01:22 | わたしは誰か?Who am I?

人は思うものになる

リシケシのディヴァイン・ライフ・ソサエティを去る前夜、
サット・サンガが終わって、スワミ・アドヴァイタナンダ・ジにご挨拶をした。
スワミ・ジは5日間、ダルシャンをしてくださって、
アシュラムでの生活は充実したものになり、またその教えは実践的なことばかりでした。
その感謝をこめて、スワミ・ジが座っておられるところに行き、額ずきました。
「マタジ、サマディ・シュライン(サット・サンガが行われる場所)を思えば、
 貴女はいつもここにいますよ。東京にいても、ここを思えば貴女はここにいるのです。」
そう、スワミ・ジはおしゃられたのです。
それを今も時々思い出し、サマディ・シュラインやグルディブ・クティールに
わたしは、います。

心は、思うものの形をとるのです。

b0237103_1192528.jpg



★マタジとは、ミス、ミセスと同じ意味の敬称です。インドでは、成人した女性はこう呼ばれます。
 サマディ・シュラインは、朝の瞑想や夜のサット・サンガが行われるホールで、一番奥には
 グルディブ・シヴァナンダ・ジの棺が置かれている聖所です。
by haru-ha-akebono | 2012-09-02 01:22 | 祈りの言葉

モ ク シ ャ

「アーサナ(ヨーガのポーズ)やプラーナーヤーマ(呼吸法)をして
 体が浄化され、健康になったら、その体で何をしますか?
 自分の欲を満たすことだけに使うのではなく、人の役に立ちなさい。」
そのような意味のことを言ったのは、スワミ・シヴァナンダさんだ。
まだヨーガを始めたばかりの頃、教室の先生が「シヴァナンダさんはそうおしゃいました。」
と話された。

b0237103_0424774.jpg


一昨日、体の使い方のワークショップを行った。
体は霊性の道への入り口、ハタ・ヨーガの基盤は体。
しかし、多くの人は体を良くしたい、痛いところを何とかしたい、と思っている。
その多くの人は、大なり小なり他者の役に立ちたいとも考えている。
ゆえにわたしは願う・・・自分のモクシャも考えてと。
モクシャとは悟り、覚醒だ。

先月のスワミ・メダサーナンダ・ジの「バガヴァッド・ギーター」の講義で、
人生の4つの目的は、『ダルマ、アルタ、カーマ、モクシャ』と、学んだ。
ダルマ:生きるうえでの道徳 アルタ:お金を稼ぐ仕事 カーマ:遊ぶ・飲食をするなどの楽しみ モクシャ:悟り
「モクシャを目的としない人生は無駄」、スワミ・ジはそうおしゃった。
『無駄』・・・この強烈な一言。
「人間は自分だけは死なないと思っている」、これも以前スワミ・ジから聞いた言葉だ。
もちろん、誰もが死ぬことはわかっている。無意識に。
それを忘れるために、日々様々なことをしているのだ。
することは刺激があるほど、死を忘れられる。
自分の人生が、その刺激的なことで有意義になったように錯覚できる。
だから、死を忘れるために、死ぬ日まで、何かをし続ける。
なんのために生きているのか、考えもせず。
人間はなんのために生まれてきたのか・・・モクシャのためだ。

b0237103_0434578.jpg

by haru-ha-akebono | 2012-09-01 00:51 | 聖典を学ぶ