はるはあけぼの ヨガDiary

haru2918.exblog.jp
ブログトップ

<   2018年 04月 ( 2 )   > この月の画像一覧

魂を売る

「ラーマクリシュナの福音」の中に、少しばかりの快適な生活をするために
魂を売った女性の話が出てきます。
ある家の掃除婦をし、質素だが普通に暮らしていた女性は、
何人かの男性の恋人になり、掃除婦の時よりも物質に恵まれた生活をするようになります。
快適・豊かを得るため、堕落したわけです。

物は確かに、人間の生活を快適にします。
そのためには、お金が必要です。
気が付かないうちに、そこそこ豊かな暮らしと引き換えに、自分の魂を売ってしまう…。
自分の行為の、善と悪の区別もつかなくなることがあります。

聖典の学習をしている人の中にも、その間違いを犯す人はいます。
それはなぜか?
真理を求めていないからです。
学習は頭の知識だけ、或いは、お金を得るための人に教えるツールに過ぎないから。
識別をしない知識は、なんの役にも立たないのです。

スピリチュアルな仕事、イベント、人、etc、それらの中に悪魔が潜んでないないか、
関わる前に、見極めることも必要なのです。


b0237103_19262587.jpg









[PR]
by haru-ha-akebono | 2018-04-21 19:27 | 聖典を学ぶ

教え

『俗心の人々は、苦しみ、また恐ろしい経験をしても決して目が覚めない。
 ラクダはとげのある灌木が大そう好きだ。
 それを食べれば食べるほど、ひどく口から血を出す。
 それでも彼らはそれを食べることをひかえようとはしない。』・・・シュリー・ラーマクリシュナ

世俗的なことにしか興味を持てない人々は、ラクダよりもっと愚かだ。
俗心の人々とは、何を生業にしていても、「金と女(または男)」にしか心を惹かれない者のこと。





b0237103_22494928.jpg








[PR]
by haru-ha-akebono | 2018-04-19 22:51 | 聖典を学ぶ